TOP > 政治・経済 > 「FoodTech Live2020」で食の最新テクノロジーを見てきた。スマート調理家電から昆虫食まで | Business Insider Japan

「FoodTech Live2020」で食の最新テクノロジーを見てきた。スマート調理家電から昆虫食まで | Business Insider Japan

8コメント 登録日時:2020-01-15 11:41 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

米ラスベガスで1月7~10日に開催されたテクノロジー展示会「CES2020」。会期中はラスベガスのホテルのあちこちで、CES運営団体とは無関係の、さまざまなテクノロジーイベントが同時多発的に開催されるのが恒例となっている。その中で、「食」...

ツイッターのコメント(8)

数年前からあまり変わり映えがしないなぁと思うのは、
①なんでもスマホで遠隔管理
②昆虫ネタ
③なんでも時短
④センシング自体が目的化?
ばかりだからなんだよね。本質的な取り組みがないのか、イベントに出てこないのか。。
この領域は飲食店向けから介護まで幅広くニーズがあるので未来が楽しみ。
消費者観点の「食品ロス」が注目される時代において、引き続き僕は温湿度管理可能な倉庫が欲しいのですが、発展途上国での事業者側のロス(貯蔵・流通)が減少すれば必ずや訪れるエコのサイクル。フードテックをハードで訴求する記事も面白いですね。
「FoodTech Live2020」について。最先端の「食」に関するテクノロジーが概観できます。

個人的には,後付けできる冷蔵庫内カメラ「Smarter FridgeCam」が気になるかも。
後付けできる冷蔵庫内カメラ「Smarter FridgeCam」

価格はイギリスで99ポンド、北米は129.39ドル。日本市場での発売も予定。外出先から冷蔵庫の中身を確認できるため、無駄な買い物を防いだり、賞味期限をトレースして食材を有効活用できる。
昆虫食(゜д゜)
まぁ粉末なら(๑ーωー)وヨシ!
以上

記事本文: 「FoodTech Live2020」で食の最新テクノロジーを見てきた。スマート調理家電から昆虫食まで | Business Insider Japan

いま話題の記事