TOP > 政治・経済 > 「もし、ブラックホールに吸い込まれたら?」好奇心を刺激する科学メディア“ What if ” 日本版が登場 | Business Insider Japan

「もし、ブラックホールに吸い込まれたら?」好奇心を刺激する科学メディア“ What if ” 日本版が登場 | Business Insider Japan

19コメント 登録日時:2020-01-15 11:37 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

「もし、ブラックホールに吸い込まれたら?」「もし、恐竜がまだ生きていたら?」「もし、月が地球に落ちてきたら?」 「もし、●●だったら……」。あらゆる仮説や疑問は、科学の出発点となる。2019年12月、YouTubeをはじめ、Faceboo...

ツイッターのコメント(19)

「もし、バイバインが実在したら」あのまんじゅうはどうなるかを考察して頂きたい。

「もし、ブラックホールに吸い込まれたら?」好奇心を刺激する科学メディア“ | Business Insider Japan
みてる:「もし、ブラックホールに吸い込まれたら?」好奇心を刺激する科学メディア“
こりゃあ……なんというか……驚いたな
結局何が語りたいんだこの映像は?
ナショジオみたいに画面を次々切り替えりゃいいってもんじゃないと思うんだが…
SNS上の若者は科学知識に飢えている?
こいつぁ時間あるときにみてみたいぜ!
個人的には「もし地球の裏側まで穴を掘って行ったら?」が気になります。


ヤバイ、時間泥棒コンテンツ誕生だw
こういうの、ついつい見ちゃうんですよね。。。1動画5分以内に収まってるのも素晴らしい。
"教育的なコンテンツが非常に少ない"
"「だからこそ、面白く見栄えも良い、スマホ向けのコンテンツを作ろうと思いました。」"
良いですね👍✨
Discover(Google)から
「もし、ブラックホールに吸い込まれたら?」好奇心を刺激する メディア“
最近日本版がスタートしたのか!!このチャンネルおもろすぎでしょ。
これは面白そうじゃな
ブラックホールでのタイムスリップは可能か?
親殺しパラドックスはどうなるのか?
知的好奇心がくすぐられるじゃろ
サイエンスをカッコよくしたいよね。
次元の狭間へ飛ばされるかしら (*´﹃`*)
来日に合わせてCEOに取材をしました。
個人的に、科学コミュニケーションをビジネスに落とし込む必要性をすごく感じているのですが、少なくとも海外ではうまく行っている例として。日本でも広がるかな。。
以上

記事本文: 「もし、ブラックホールに吸い込まれたら?」好奇心を刺激する科学メディア“ What if ” 日本版が登場 | Business Insider Japan

いま話題の記事