TOP > 政治・経済 > 「ジェラピケ」のマッシュHD、増収記録を更新。なぜ服の売れない時代に成長を続けられるのか? | BUSINESS INSIDER JAPAN

「ジェラピケ」のマッシュHD、増収記録を更新。なぜ服の売れない時代に成長を続けられるのか? | BUSINESS INSIDER JAPAN

女性向けのストリート・フォーマルブランド「SNIDEL(スナイデル)」や“もこもこルームウェア”で大ヒットを飛ばした「gelato pique(ジェラートピケ)」などのブランドを率いるマッシュホールディングス(HD)が好調だ。2019年8...

ツイッターのコメント(21)

「服が売れない」この時代に売り上げを伸ばすマッシュHDその理由とは?
驚愕の前年比313.6%「セルフォード」コンセプトは斬新でもあるけど考え方は普遍的!
着眼点さえ間違えなければチャンスはある!
|BUSINESS 
#アパレル #ファッション
ライターとして活動してます🌞ファッション分野が得意👗

★BUSINESS INSIDERさま
  全体ランキング2位
 Yahoo!ニュース経済ランキング1位
 NewsPicks掲載
詳しい実績はブログのプロフィールからご覧ください♡

ちなみにイギリスのことが大好きマンです🇬🇧🥺
ヒット事業を生み出す仕組み、スーパーブランドが産まれてくる生態系を作れるか、勉強させて頂きます→
ニッチなコンセプトと消費者のニーズがマッチしてるいい例。売れない時代なんかではない。
セルヴォークもマッシュHDなのか。知らなかった😶
美は細部に宿るから、サンプルこそ大切なんだな〜。もサンプルこだわりたい。

>“女性がほしいと思うアイテムをつくること”を徹底しているという。

「ジェラピケ」のマッシュHD、増収記録を更新。なぜ服の売れない時代に成長を続けられるのか?|
上がりがいいブランドだなって思ってたけどサンプルに年間1億突っ込んでたとは。通りでよ。
サンプルケチらない方がいい良い例。

「ジェラピケ」のマッシュHD、増収記録を更新。なぜ服の売れない時代に成長を続けられるのか? | BUSINESS JAPAN
ミレニアル世代の心をしっかり掴んでいるブランドの話、とても参考になる。自分の個性を引き出してくれそうなものって確かに魅力的だなと思う。

「ジェラピケ」のマッシュHD、増収記録を更新。なぜ服の売れない時代に成長を続けられるのか?
スナイデルとジェラピケって一緒だったんか…!
“服が売れない”時代に増収「ジェラピケ」マッシュHD。その理由は?

・女性に寄り添ったモノ作り
・例えば、アイデアを出しているのはほぼ全員女性で、展示会に向けたサンプル作成に4ブランドそれぞれが年間1億円など“女性がほしいアイテムをつくること”を徹底

@BIJapan
趣味嗜好が細分化しているので個性と宣伝の上手さなのかな
「ジェラピケ」のマッシュHD、増収記録を更新。なぜ服の売れない時代に成長を続けられるのか? | BUSINESS

〉流行りの名のもとに似たようなスタイルになってしまうファッションではなく、「自分の個性を光らせてくれる」ブランドを今の20〜30代は強く求めている。
ジェラピケは俺も買っちゃうし、スナイデル着てる子はよく見るし、やっぱ売れてんだなぁ

>ジェラピケ、スナイデル運営のマッシュが売上787億円、営利55億円
スナイデルの取締役MD本部 本部長の須藤誠氏は、繊研新聞の取材に「僕たちは後追いブランドじゃない。お客に常に新しさを感じてもらうためには、これが自然」と語っている。
セルフォードのコンセプト「大切な人との食事や、仕事のプレゼン、結婚式、パーティーなどの特別なシーンで、女性が胸を張って着たくなるようなアイテム」それは売れる

「ジェラピケ」のマッシュHD、増収記録を更新。なぜ服の売れない時代に成長を続けられるのか? @BIJapan
ここまで分かりやすく新ブランドが伸びているという事実には、たくさんヒントが眠ってそうです。
マッシュはライフスタイル提案がうまいと感じる会社。自分の生活に落とし込みやすいかどうかわかりやすいブランドが多いので、CELFORDとCelvokeを愛用してる!
スナイデルもジェラピケも同じ会社だったのは知らんかった。
以上
 

いま話題のニュース

PR