TOP > 政治・経済 > スタンフォード大学教授が教える“成功への会話術”。「だけど」を「それに」に変えるだけでも | BUSINESS INSIDER JAPAN

スタンフォード大学教授が教える“成功への会話術”。「だけど」を「それに」に変えるだけでも | BUSINESS INSIDER JAPAN

20コメント 登録日時:2019-11-27 05:16 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

スタンフォード大学工学部教授のバーナード・ロスによると、話し方は他人からどう受け止められるかということ以上に、自分の行動に影響するという。単に「だけど」と言わずに「それに」と言うように切り替えることで、状況をポジティブに見られるようにな...

ツイッターのコメント(20)

「デザイン思考」と呼ばれる問題解決のためのストラテジーの鍵となる要素、このエクササイズは、生活のなかで行っていることは、たとえそれが嫌なことであったとしても、実際は自分で選んでいることなんだと気づくのに、きわめて効果的〜
“成功への会話術”
「『だけど』という言葉を使うと、本当は存在しない対立(ときに言い訳だったり)が生まれます」
ですね。
それから、人の話を受けて話し始める時に「でも」で始める人を結構見ますが、中身は反論するわけでもないのに「でも」で話を続けるのも、損していると思います。
「だけど」と言わずに「それに」と言う。

「映画に行きたいんだけど、仕事がある」

と言いたい時。

「映画に行きたいんだ。それに仕事もある。」

と言う。

つまり、映画も仕事もあるなら、

両方できる解決策を見つけるってこと。

言葉の使い方って大事。
年末は忙しい
それに
宇宙カタンも買っちゃったんだ
「SVG」には18兆円の有利子負債がある。「それに」追加で銀行に6,800億円の追加融資を申し込んだ。三菱UFJには蹴られた。:
普段何気なく遣っている言葉が、実は自分の無意識に繋がっている。接続語をポジティブな表現に変える(デザイン思考)だけで、目標への視点が180度変わり、新たなプロダクトの本質に辿り着ける。意識に留まらず、自分のアイデアを見せるパフォーマンス力の向上にも繋がる。
「だけど」ではなく、「それに」と言う
「しないといけない」ではなく、「したい」と言う

ネガティブな内容だとしてもポジティブに変えることが心理的安全性を築くためのステップです。

会って間もないメンバーとのグループワークでは特に実践すべき点です。
言葉というか日本語って難しいよね。顔が見えないと言葉のまま伝わるし、たまに勘違いとかも起きるし。言葉の力身につけていきたい。
butをandに変えるってことね
私も日常生活で、「でも」という言葉が出てきそうになった場合は、「そして」に置き換えています。そうすることで相手を否定していないことを心がけています。
ひとこと言い換えるだけで人生が開けるかも?!
興味深い

スタンフォード大学教授が教える“成功への会話術”。「だけど」を「それに」に変えるだけでも | BUSINESS JAPAN
・スタンフォード大学工学部教授のバーナード・ロスによると、話し方は他人からどう受け止められるかということ以上に、自分の行動に影響するという。
・単に「だけど」と言わずに「それに」と言うように切り替えることで、状況をポジティブに見られるようになる。
言葉ひとつで変わるのか/
言霊と言われるくらい人間は言葉に無意識に支配されているので、普段何気なく使っている言葉への解像度を高めて、意識的に良い言葉にアップデートして行くってアプローチは良いな。
それな!!
日々の自分の会話をデザインする。
惰性で会話しない。

なるほど。 / スタンフォード大学教授が教える“成功への会話術”。「だけど」を「それに」に変えるだけでも (Business Insider Japan)
ワールドカフェでもnotを止めてandにすれば話が弾むと言う話がありましたね。
スタンフォード大学教授が教える“成功への会話術”。「だけど」を「それに」に変えるだけでも
スタンフォード大学教授が教える“成功への会話術”。「だけど」と言わずに「それに」と言うように切り替えることで、状況をポジティブに見られるようになる。|BUSINESS
以上

記事本文: スタンフォード大学教授が教える“成功への会話術”。「だけど」を「それに」に変えるだけでも | BUSINESS INSIDER JAPAN

いま話題の記事