TOP > 政治・経済 > 自動運転、スマートグラス、サブスク…今後10年のためにアップルが進めていること | BUSINESS INSIDER JAPAN

自動運転、スマートグラス、サブスク…今後10年のためにアップルが進めていること | BUSINESS INSIDER JAPAN

22コメント 登録日時:2019-11-26 04:50 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

アップルは10年以上に渡って、iPhoneの製造と販売で数十億ドルを稼いできた。では、iPhoneの次はどうなるのだろうか。それは大きな問題だ。アップルは、スマートグラスから自動運転技術、さらには次のiPhoneに至るまで、いくつかのプロ...

ツイッターのコメント(22)

スマートグラスが普及した未来。考えただけで面白い。

自動運転、スマートグラス、サブスク…次の10年のアップルの戦略 | ライフハッカー[日本版]
5Gではなく、6Gを見ておかないと世界は牽引できないのかな。

アップルが次の10年のために進めている戦略リスト|ライフハッカー[日本版]
たった10年で、壮絶な変化のあったAppleが、今後の10年の計画をたてたようです。

アップルが次の10年のために進めている戦略リスト|ライフハッカー[日本版]
恐らくこの予測の外にあるものがホントのイノベーション。
現時点ではイヤホン圧倒的。
メガネもいいけどもっとウェアラブルな何かを使った体験デザインして欲しい。
コンタクトレンズくらいの何か。
🔽アップルが次の10年のために進めている戦略リスト|ライフハッカー[日本版]

Appleは、
・2022年に初期スマートグラス
・2023年にiPhoneを置き換えるスマートグラス
のリリースを準備しているとのこと。

どんなカタチになるか楽しみです☺️
Appleが動けば世界が動く
今後も楽しみ
クルマよりも誰もが身近にあるものを再定義してほしい。iPhoneがそうであったように。 /
スマートグラスはAppleというブランドと相まって、Apple Watchのような成功が望めそうですね。サングラスタイプになったら購入を考えたいです /
自動運転、スマートグラス、サブスク…次の10年のアップルの戦略 | ライフハッカー[日本版]
アップルがiPhoneに取って代わるものを作れるか?と仮想通貨が世の中に浸透するか?のハードルは同じに見える。
2020年5G対応iphone。2023年スマートグラス発売。
僕はついていけるだろうか、ぽにちゃんのいる時代までの世界のスピードに
次に狙っているところはアップルも他社も同じイメージですね。5G端末でどれだけ魅力的なスマホを投入できるのかが試金石になる気がします。
スマートグラス期待

自動運転、スマートグラス、サブスク…今後10年のためにアップルが進めていること | BUSINESS JAPAN
ついにiPhoneに変わる未来のビジョンがAppleのCEOから発表されました。スマートグラスにするようです。サブスク化すれば、スマホもPCも家庭用ゲーム機も、すべてを飲み込む史上最大の破壊的イノベーションが実現しますね。
2022、3かぁ…
期待できるがその時代に適応できるデバイスかどうかが気になるな

自動運転、スマートグラス、サブスク…今後10年のためにアップルが進めていること
ヘルスケアに期待しているんですが、なかなかサービスが充実しないですね。AppleWatchがイマイチ売れないのもここが原因。この分野でのイノベーションは法的に厳しいですが。
今後10年でAppleが進めていくことについてまとめられています

✔︎スマートグラス(拡張現実)
✔︎サブスクリプションサービスの統一
✔︎自動運転技術
✔︎iPhoneの5G化

どれも噂の域を出ないですが、ちょっとした未来予測はできそうです。
やっぱりAppleのスマートグラスには期待したいところ →
以上

記事本文: 自動運転、スマートグラス、サブスク…今後10年のためにアップルが進めていること | BUSINESS INSIDER JAPAN

いま話題の記事