TOP > 政治・経済 > 【ノーベル物理学賞】人類の宇宙観を劇的に変えた3人。宇宙誕生初期の解明と太陽系外の惑星の発見 | BUSINESS INSIDER JAPAN

【ノーベル物理学賞】人類の宇宙観を劇的に変えた3人。宇宙誕生初期の解明と太陽系外の惑星の発見 | BUSINESS INSIDER JAPAN

10コメント 登録日時:2019-10-09 11:41 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

我々人類は、はるか昔から空を見上げ、この宇宙の姿や地球というかけがえのない存在について思いをはせてきた——。10月8日、ノーベル財団は2019年度のノーベル物理学賞を、プリンストン大学教授のジェームズ・ピーブルス博士、いずれもジュネーブ大学...

Twitterのコメント(10)

この系外惑星の物理学賞受賞が一番関心があるかなぁ。
色々面白い。
今年のノーベル物理学賞は宇宙関連でした。
系外惑星の発見と、さらに新たな発見があることに期待。こういうの楽しい。
日本人の受賞も嬉しいけど、こっちの方が嬉しいのです。
無視した負が良かったかも。宇宙観の変革が全く不明だ。びっぎばんひていSタラノーベル賞だろう。宇宙背景放射はBB主流派へのごますり。
いつもノーベル物理学賞と医学賞はチェックしてるんだけど今回も大変興味深い。早く11次元宇宙理論とダークマターの存在を証明して欲しい。
宇宙マイクロ背景輻射とかホットジュピターとか宇宙絡みの受賞で嬉しい
サイエンスが専門分野の三ツ村記者の記事。物理学賞は夢がひろがるなぁ
以上

記事本文: 【ノーベル物理学賞】人類の宇宙観を劇的に変えた3人。宇宙誕生初期の解明と太陽系外の惑星の発見 | BUSINESS INSIDER JAPAN

関連記事