TOP > 政治・経済 > 翌日配送支える超過酷労働。アマゾン物流センターに再潜入取材したジャーナリストに聞く | BUSINESS INSIDER JAPAN

翌日配送支える超過酷労働。アマゾン物流センターに再潜入取材したジャーナリストに聞く | BUSINESS INSIDER JAPAN

今やAmazon(アマゾン)は多くの人にとって欠かせない便利なサービス。だが、「翌日配送」など“便利すぎる”サービスの裏をどんな労働環境が支えているのか想像する人は少ない。世界各国でその過酷な労働環境の問題だけでなく、サービスを展開する国...

ツイッターのコメント(26)

これがあるから、あまりAmazon使いたくないんだけど、読み放題って点じゃ違いが圧倒的なんだよなあ……
Amazonくん、また物流拠点が増えるらしいな。
救急車の件は頭おかしくて笑う。
市民の権利を優越する会社規則とは?
継続的に安定した当日・翌日配送サービスを提供するには、今の人的労働力のマーケットはAmazonには逆風。
テクノロジーやロボティクスもまだこれから。
| Business Insider Japan
でもね。こういう報道を聞くとさすがに通販に過剰に依存するのを躊躇うしかないのはある。多くの店売より安いということは他にも無理を重ねてるんだろうし
@mamekkorori ありゃまーアマゾンさんこの梱包はないっすねぇー😨

今後は例えば楽天ブックスとか、他のサービスを利用することも検討しませう。たぶん言っても改善されないです。安さと便利を追求すると、こういう事態を容易に招きます。
アマゾン潜入ルポは興味深い内容でした。こちらが想像していたより過酷な労働状況で、離職者が多い理由がよく分りましたね。
だから翌日お届け便ができる訳
ここAmazon倉庫では労働者が非人道的な扱いを受け
超過酷な労働環境から亡くなった方もいます。
アマゾン潜入ルポ。
拙著も、なるべく本屋で買って頂いて、アマゾンはレビューだけご利用頂いた方がよいかも。
人権や労働問題にポリコレ的なこと言う有名人が、自著の新著の紹介でアマゾンのリンクを貼るのが後を絶たない。ご利用は最小限に。
ジャーナリストが潜入取材をして事実をルポとして記事を書くのは別に良いんだが、本を売るためにインタビューを受けてこれを記事化して別のメディアがPVを稼ぐというのはよくある話なのだろう...
アレクサ、ベゾス消して

| BUSINESS INSIDER JAPAN
元ブラック勤めからするとなんで辞めないのって思う。
Microsoftやソフトバンクしかりまともな健全な会社がのし上がって周りを蹴落として上に行ける分けないじゃん(笑)
日本のアマゾン倉庫で労災起きてんの知らんかった
作業中に複数の方が
亡くなった😣
アルバイトの方の死亡事故救急車が来るまで
🚫【1時間】

連絡系統
発見者→リーダー
→スーパーバイザー
→アマゾン社員
→センター内の安全衛生部
→サイトリーダー
(センターのtop)
→初めて救急車を呼べる

🚫【1時間】かかる😭
結構面白い記事
潜入またやったんかーそしてAWSとアマゾンはやっぱり全然違うのね │ | BUSINESS INSIDER JAPAN
アマゾンは、なるべく使わない。配送がいい加減だからだ。また労働環境もひどいね。まるで奴隷だ。金の亡者。
「政治家の働きかけによって待遇は改善されるので、政治家が動くことは有効でしょうね。アメリカやイギリスでそれぐらい時給を上げられる余地があるのだから、日本でも上げられるはず」 / “翌日配送支える超過酷労働。アマゾン物流センターに再潜入取材したジャーナリスト…”
消費増税の前にアマゾンから税金の徴収を頼むよ。/
一見、幸福に満ち溢れてる世界にも、忘れられた人達が必ずいる。

それを思い出すのは非常に困難である。

だが何回でも思い出すのことを忘れてはいけない。
「翌日配送支える超過酷労働。アマゾン物流センターに再潜入取材したジャーナリストに聞く」そんな事はあずかり知らぬとアマゾンで買う人々。家族に通販の物が届くと文句言うので減ってきたわ。
この人のユニクロに潜入した時の本、少しだけ読んだけど、面白かった。
この本も読みたい。
以上
 

いま話題のニュース

PR