TOP > 政治・経済 > 名刺アプリのSansanが明日19日にマザーズ上場、知っておくべき組織・ビジネス・成長戦略 | BUSINESS INSIDER JAPAN

名刺アプリのSansanが明日19日にマザーズ上場、知っておくべき組織・ビジネス・成長戦略 | BUSINESS INSIDER JAPAN

14コメント 登録日時:2019-06-18 07:25 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

法人向け名刺アプリ「Sansan」で国内トップシェアをもつベンチャー、Sansanが6月19日、東証マザーズに上場する。創業者の寺田親弘社長は現在42歳。2007年の創業から丸12年、ベンチャーキャピタルなどから総額100億円以上の資金を...

ツイッターのコメント(14)

Sansan導入したいけど高いよ!という会社には、「Eight企業向けプレミアム」の導入がおススメです。
てか、こっちの方が潜在的なユーザー数は多いのでは?と思うくらい
「月次解約率」は0.73%という低さから、ライフタイムバリューを考慮して、広告宣伝費は、直近第3四半期までの累計で22億3707万円もかけてる。

攻めてますね
名寄せなんだ。知らなかった。

ムチャいいと思います! /
明日IPO。100億既に調達しCMもかなり投下してる。今期も赤字で、どこまでピボット狙うのか注目したい。
名刺整理の煩雑さ解消と、ビッグデータを繋げたアイデアなるほど。
名刺アプリのSansanが明日19日にマザーズ上場
まだ上場していなかった方が驚き。創業以来浮気?せずに名刺に特化している同社だが、資金を手に入れて「多角化」して失敗なんてことがないといいですけど
Sansanしゅごい
マネタイズの第一段はHR領域でしょう。スカウトメールの通数売りによるトラフィック確保が手っ取り早い。但しダイレクトリクルーティングのツールとした場合はLinkedinのような検索性を備えないと勝負にならないので、さてこれからどうするのか?は悩みどころであろう。
>「我々が創業から取り組んできたのは、(中略)名寄せの技術を作ること」だと語る。
>“その人物といつどこで出会い、誰とつながりがあるか”といった情報を、法人顧客の資産として使えるようなサービス強化を進めている。

Sansanが明日19日にマザーズ上場
上場するから当たり前なんだけど、2018→2019の調整やっぱりすごいわ。

めっちゃ綺麗になってる笑

| BUSINESS INSIDER JAPAN
アクセル踏み方がカッコイイ。 /
ついにSanSanが上場!寺田さん、おめでとうございます。 /
名刺なんで全然使わないけど、ベンチャーキャピタルなんてそれこそいっぱい人と会うから必要だと思ってるから100億も調達出来たんだろうな /
とうとう明日か 繋がりを作るプラットフォームだからプロダクトの持つ価値としては非常に根元的なものだと思っていて、今後も広がるだろうね
以上

記事本文: 名刺アプリのSansanが明日19日にマザーズ上場、知っておくべき組織・ビジネス・成長戦略 | BUSINESS INSIDER JAPAN

いま話題の記事