入山章栄教授が語る「何をやっているかわからない」企業と個人こそが強い —— 今日からできる「知の探索」のヒント | BUSINESS INSIDER JAPAN

早稲田大学大学院のビジネススクールで、 経営学を専門として教授を務める傍ら、書籍の雑誌連載やテレビ番組でのコメンテーターなど、幅広い活躍で知られる入山章栄氏。これからの時代に求められる人材として同氏が...

ツイッターのコメント(139)

結果的に分けておいたほうが良かったと思うことは多い。例えば趣味と職業それぞれのつながりがあるし、たまにつながることもあって面白い。あと最近は個人内多様性こそが組織において大事だよねという話もあるので。
教育業界には、「イントラパーソナルダイバーシティ」(=「一人の中に幅広い多様性を持つ」)を高めていく場が圧倒的に足りないと思いました。

「誰が何を知っているかを、知っている」という状態をどう作るか?が大事だと思う。
知の探索の方法:組織の外に出る/組織に多様な人材を受け入れる。毎日自分に変化を起こす(例:通勤路を少し変えてみる)
知の探索と知の深化に対する考察が素晴らしい。
これからの人間は知の探索を中心に仕事をすべきで、知の深化はAIにサポートしてもらえると考えてよい。

入山章栄教授 BUSINESS
「Exploration(知の探索)」は遠くまでやるのがいいという。

「今の仕事と関係ないがビールの仕事がしたい」という相談に「その繋がりを最初にできるチャンス」と答えていたのは、間違っていなかったということか。

「何をやっているかわからない」企業と個人こそが強い
物理学的にも密度が高いと核融合が起き新しいものが生まれます🎵 知識をたくさん持つことがこれから大切だと思います🎵
入山章栄教授が語る「何をやっているかわからない」企業と個人こそが強い —— 今日からできる「知の探索」のヒント|BUSINESS
個人内多様性に憧れます。
これはすぐに獲得することはできないけど、GIRONアプリに課題を放り込んでみて、色んなユーザーの知見に触れるという手段があります。
毎日自分に変化を起こして、知の探索に慣れていく。

興味を広げる動きをする必要がある。友人から本を紹介してもらうのも手だな。

入山章栄教授が語る「何をやっているかわからない」企業と個こそ人が強い—今日からできる「知の探索」のヒント|BUSINESS @BIJapan
「知の探索」は実務家としても重要なコンセプトであること痛感する。特に最近のビジネスでは。

入山章栄教授が語る「何をやっているかわからない」企業と個人こそが強い —— 今日からできる「知の探索」のヒント|BUSINESS
あらゆるコミュニティに属し、複数のネットワークの結節点となれる人材こそが、目指すべき「ハブ人材」。

早稲田大学の入山先生
弱い人間はいい人だ。
ボッチがいかに最高か。

これも似た話
何をやってるかわからない企業と個人が強い
 
PR
PR