入山章栄教授が語る「何をやっているかわからない」企業と個人こそが強い —— 今日からできる「知の探索」のヒント | BUSINESS INSIDER JAPAN

ツイッターのコメント(139)

結果的に分けておいたほうが良かったと思うことは多い。例えば趣味と職業それぞれのつながりがあるし、たまにつながることもあって面白い。あと最近は個人内多様性こそが組織において大事だよねという話もあるので。
教育業界には、「イントラパーソナルダイバーシティ」(=「一人の中に幅広い多様性を持つ」)を高めていく場が圧倒的に足りないと思いました。

「誰が何を知っているかを、知っている」という状態をどう作るか?が大事だと思う。
知の探索の方法:組織の外に出る/組織に多様な人材を受け入れる。毎日自分に変化を起こす(例:通勤路を少し変えてみる)
知の探索と知の深化に対する考察が素晴らしい。
これからの人間は知の探索を中心に仕事をすべきで、知の深化はAIにサポートしてもらえると考えてよい。

入山章栄教授
「Exploration(知の探索)」は遠くまでやるのがいいという。

「今の仕事と関係ないがビールの仕事がしたい」という相談に「その繋がりを最初にできるチャンス」と答えていたのは、間違っていなかったということか。

「何をやっているかわからない」企業と個人こそが強い
物理学的にも密度が高いと核融合が起き新しいものが生まれます🎵 知識をたくさん持つことがこれから大切だと思います🎵
個人内多様性に憧れます。
これはすぐに獲得することはできないけど、GIRONアプリに課題を放り込んでみて、色んなユーザーの知見に触れるという手段があります。
毎日自分に変化を起こして、知の探索に慣れていく。

興味を広げる動きをする必要がある。友人から本を紹介してもらうのも手だな。

入山章栄教授が語る「何をやっているかわからない」企業と個こそ人が強い— @BIJapan
「知の探索」は実務家としても重要なコンセプトであること痛感する。特に最近のビジネスでは。
あらゆるコミュニティに属し、複数のネットワークの結節点となれる人材こそが、目指すべき「ハブ人材」。

早稲田大学の入山先生
弱い人間はいい人だ。
ボッチがいかに最高か。

これも似た話
何をやってるかわからない企業と個人が強い
言わずと知れた知の探索と深化。
イノベーションと言わずとも、組織論とかキャリア形成とかもこの通りかなと。
アイデアは何かと何かの掛け合わせということは知られているが、「既知と既知の組み合わせ」になりがち。

「既知と未知の組み合わせ」を作るために、意識的に「未知」を取り入れないといけない。

入山章栄教授「何をやっているかわからない」企業と個人こそが強い @BIJapan
確かに、○○をやってる人とは言い切れない方が、視野が広がる気がする。→
"人と人が直接、顔を合わせてのコミュニケーションを取ることが、トランザクティブメモリーを高める"
>歌手とか女優といった一つの言葉に当てはめられない人。そういう人こそが、これからの変化の激しい時代に生き残れるのだと思います。
「イントラパーソナル・ダイバーシティ」、一人の中に幅広い多様性を持つ。
入山章栄教授が語る「何をやっているかわからない」企業と個人こそが強い 今日からできる「知の探索」 | BUSINESS INSIDER JAPAN
これからは✅イントラパーソナル・ダイバーシティ」👉一人の中に幅広い多様性を持つことがもっと求められる時代になっていく。037
いいお話を聞きました。誰も何をしているかよく把握、理解できないポジションを意図的に作る意味を言語化してくれてる。
僕も教育や舞台のお手伝いなどこれまで自分ではやってこなかった世界に触れることで人間として広がってきてる:
あすよみで「知の探索」をしませんか?
知の探索が、日本では圧倒的に不足しているそうです。同じ会社・業界に長くて、同じ人にだけ囲まれていたら知の探索はできません。
何をやっているかわからない個人の方向目指してる。
そして、これが入山さんの記事
イノベーションに必要なのは「知の探求」と「知の探索」。
それを実現するためには組織のダイバーシティ化とランダム性が必要
先日セミナーを聞いた入山章栄教授の記事。
変化の激しい時代においてイノベーションを生み出すためには「知の探索」が大事。
トランザクティブメモリー。昔は「属人化」というバットワードだったよね。メモリーをほんとに解放するかどうかは、場が大事。
自分の中の多様性を広げて行きたいと思ってるんで、たまに何してる人なんすか?って聞かれると嬉しい(^-^)
端的にいえば、
「一人の中に幅広い多様性を持つ」
ということです。
この論説はロジカルでsuggestingで、何より私の耳にとても心地よい。

という事で、私はマドンナを目指します💪
ようやく時代が追いついてきた説isあるazs! あとは"日本"と"日本人"というドメスティックな価値観に縛られないために、旅ですかね。 - 今日からできる「知の探索」のヒント|
「少しでいいから毎日自分に変化を起こして、知の探索に慣れていく」大事大事!
この考え方、大事。でもこれをは高いレベルで実践しなければならないため、この生き方を実現できる人は一握りなんだろうな。
でもこの志向は持っていて悪くないと。
トランザクティブメモリーに加えて、イントラパーソナルダイバーシティいただきだな。さすが、入山先生/
私は、自分でも、ちょっと何やっているかわからない。(サンド風)
以下、記事より引用。

イントラパーソナル・ダイバーシティ。
日本語では「個人内多様性」。

端的にいえば、「一人の中に幅広い多様性を持つ」ということ。
まるっきりコンドルズのことだと思うけど、随分と先駆けしてた割に潤ってない!笑
個人内多様性は面白い観点だが、個人が企業に属していることを前提としているようで、いささか考え方が古く見える。個人内多様性と組織との関わり方についてもっと考察があっても良い。  →「何をやっているかわからない」企業と個人こそが強い亅
会議で揉めない議論からは、イノベーションは絶対に生まれません。「全会一致のイノベーション」などあり得ないのです
好奇心は旺盛である。
凄い大事。/入山章栄教授が語る「何をやっているかわからない」企業と個人こそが強い 今日からできる「知の探索」のヒント | BUSINESS INSIDER JAPAN
> 一人の中で多様性があると、さまざまな変化に対応でき、新しい価値を生み出せる可能性が高い |
自分自身が何が本業なのかわからないのですが。。。w 前向きに頑張ります。
面白かった。よく僕も組織やコミュニティではノイズにこそ価値がある的な話をするんですが、そこら辺の話
これ広告記事だけど、書いてある内容は賛同。自分もよく何屋か問われますw
組織と個人になぜ多様性が求められるのか。
今すぐにでも外に出たくなりました〜!
同じ会社・業界に長くて、同じ人にだけ囲まれていたら知の探索はできません。すなわち、まずは外に出るよりほかないのです。

・人が会社組織の外に出ること
・組織にバラバラな人材を入れること
VUCAの時代で価値を出し続ける為に必要なのは、【スペシャリスト or ゼネラリスト】になる事。

その中でセルフブランディングは重要な位置付けだと考えています。

【他分野からの学び】で自身を成長させながら、自分の価値を高めていければ最高!!
 
PR
PR