TOP > 政治・経済 > ZOZO前澤社長「新しいことやり過ぎた」、“ZOZOアリガトウ”終了、PB事業の大幅縮小 | BUSINESS INSIDER JAPAN

ZOZO前澤社長「新しいことやり過ぎた」、“ZOZOアリガトウ”終了、PB事業の大幅縮小 | BUSINESS INSIDER JAPAN

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOが4月25日、ZOZO負担による値引きを提供する「ZOZOアリガトウ」サービスを5月30日をもって終了することを発表した。値引き対象にされることを嫌って、アパレルブ...

ツイッターのコメント(38)

売る側がブランドの価値を下げることをするのは致命的。前澤氏個人の人柄は知らないがお金の使い方から鑑みるにブランドの価値がわかっていなかった。 
ZOZOのプライベートブランドは昔のユニクロを想起する。
アパレルブランド撤退の元凶となった「ZOZOアリガトウ」を終了

→価格勝負がブランドの信用を無くした。
・ZOZOアリガトウの終了。19年5月30日まで。30%OFFは新規登録かつZOZOアリガトウ加入者。既存会員は10%OFF。  #ゾゾタウン
単に新しいことをやり過ぎたんじゃなくて、その一つ一つについて熟慮が足りなさ過ぎるから失敗したんだよ。
そんでまた助手席ドライブキャンペーンとか始めてるし。
だいぶ運転資金を圧迫していたもんな…。新規に事業を展開することは良いのだけれど、財務戦略がなければ即縮小・撤退を選ばざるをえなくなる。
何がいけないんだろう?トライアンドエラーで良質な事業を見極めていく(のと、その体力がある)のは素晴らしいと思う。
このスピード感、逆に潔くて好印象。値引き戦略はブランドを落とす可能性があるので、慎重にやらないとということか。
株主「ZOZOアリガトウ」
新しいことやりたくなっちゃうよねぇ。
それ自体は失敗だっかもしれないけど、新しいことを考えチャレンジしていくことに失敗はない。
失敗と言われるその先に改良を重ねた成功があるはず。
このコメントは本当かな⁉️
やり過ぎた感は全くないんだけど、、。
zozoスーツの失敗はzozoの客層にオーダー服需要のマーケットを見誤ったからではないか。減益とはいえ本業の利益は凄まじく勉強代と思えば大したことはない。メディアはzozo離れだのと叩き過ぎ。若い成功したベンチャー経営者が目立つと妬みなのか一斉に叩くこの風潮良くない
常にチャレンジ。
ダメなら素直に認め次へ。

本当にすごい。

凄さをより体感するため同じ目線まで勉強します。
過ぎたるは及ばざるがごとし。
何事も、図に乗ってはいけないのです。
萎縮は駄目だけど、節度というのは、美しいものです。
✅イノベーションと言いながら、新しいことを盛り込み過ぎた

✅ずいぶん大きなことを言ったわりに、予算は未達

以前変わらず

「9割の人は試着をするが、6割は試着が嫌い」
ホウレンソウの基本ができてなかった
ここからが本番
期待はしたい

@BIJapan
そんなこと言うと、事業ドメインが違うとか、しょ〜もないヤラない理由が羅列されんだろうけど(蔑)…
メディアは何でこんなにZOZOの失敗等を嬉しそうにあちこちで扱うんだろう。 “ JAPAN”
新しいことをやり過ぎた?
バカなことをやり過ぎたの間違いだろ!
>>“是・千葉県人足る者・チビは背伸びするべからず!か・ん???“<<
ZozoスーツとPBは可能性まだまだあると思うので頑張って欲しいなー
長い目で見ると谷部になりそうな良い失敗:
お。そっか。
ZOZOのPB結構好きなのだけど、ベーシックだとUNIQLOと何が違うの?と言う訳でZOZOの顧客提供価値てオシャレなんだからそこがブレてるのよ。今は自分でできない事は外部とのコラボレーション時代なのだから外部デザイナーをCDに招聘するのが良いと思うよ。
反省し意思決定から実行の速さがすごいですね。 / (Business Insider Japan)
「何か新しいことを顧客に受け入れてもらうなら、新しいことは1つか2つに限定した方がいい」
新しいことやりすぎたわけではなく、やり方が下手だっただけなのにな。もったいねー/
新しいことはいいんだが、良かったことを変えようとしたのがダメだった
色々グダグダですなぁ。
個人的はとても期待している。
年額で払った人とかいるのかな?そうしたら1年間サービス受けられないんじゃ…?来年の5/E?
メディアが取り上げ過ぎて、勘違して天狗になったんだろうなぁー。
批判や結果を冷静に分析して判断して、この規模の会社がサクッとピボットしていくのはすごいのでは。
面白い取り組みもたくさんあったんだから頑張ってほしいよね
撤退、軌道修正も早い!これが大事。
がんばれっ!

-  JAPAN:
進んではまた戻る。間違いがあれば自らお詫びする。この姿勢は起業時を思い出させてくれて好感持てる。

自ら出向いてサービス終了と今後どうするのかと話をしていると各ブランドへの説明と関係修復のお詫び行脚を行っている。

ZOZO前澤社長“ZOZOアリガトウ”終了
以上
 

いま話題のニュース

PR