TOP > 政治・経済 > セクハラ被害続出。就活OB訪問アプリの社会人ユーザーは男性8割。運営会社は対策をしているのか | BUSINESS INSIDER JAPAN

セクハラ被害続出。就活OB訪問アプリの社会人ユーザーは男性8割。運営会社は対策をしているのか | BUSINESS INSIDER JAPAN

OB訪問アプリを悪用した就活セクハラ被害が広がっている。Business Insider Japanはこれまでの記事で、夜に自宅に連れ込まれたり、レイプされた女子大学生がいることを報じた。複数人を同じ...

ツイッターのコメント(31)

就活生の女が外資系社員に内定を匂わされて身体を売る

調べてみたらその社員は既に退職済み、連絡も取れない

「私たちは買われた、OB訪問では社員の身分証提示を義務化しろ!」

恥知らずとはこの女のことを言うんだろうな
伸びているようですし、就活マッチングアプリ各社の対策(2019年2月時点)を載せておきますね
■VISITS OB→全ユーザーの3.6%にあたる人事部非公認ユーザーの利用を3月一杯で停止
■ビズリーチ・キャンパス→人事部非公認ユーザーについては規約改定予定
■Matcher→取材拒否
OB訪問アプリを出会い系と勘違いしてるアホが多くて泣ける。
わいこのへんまったく知らないのですがSNSならかならずある通報報告機能ないってまじですか。|
関連でこれも読んだ。
就活……。
就活生は利用についてはよく考えて!…:
男性8割って。きもっちわる。
”日経新聞の報道によると、社会人の登録者数の多くが個人のボランティアで、「後輩の力になりたいという愛校心によって成り立っている」(ビズリーチ担当者”
・就活OBアプリのセクハラ被害。19年2月28日。VISITSOBでは大林組の男性社員がアプリで知り合った女子大学生への強制わいせつで逮捕される。ボランティアユーザーの利用を停止。ビズリーチは社会人の男性8割。運営費用は学生のデータベース。
就活に「OB訪問」なんかを利用すること自体が間違いの元。
これ利用学生は企業側のユーザーが「ボランティア」か「公認」か識別できる仕組なのかな。
企業側のボランティアユーザーって、何の信頼性もないよね
学生は女性6割でも社会人は男性が8割

⇨ボランティアの割合は「非公表」、身元確認は「可能な範囲で」
こわすぎ。これだから世の中クソだ。別にOB訪問しなくても就活は何とかなると思うけどね……
セクハラじゃなくて性犯罪って言えってば。
非親告罪なんだから運営に情報開示させてみんな引っ張ってくれよもう…
"もともとサービスを始めたきっかけは、OB訪問を通じて社員が学生にセクハラやパワハラをしてしまうのではないかと懸念を抱く企業の人事担当者から相談を受けたことだ。"
アプリなどの使用に際し、女の子達の教育も必要、急務ですね。

大学の就職相談担当の方々に提案してみようかしら。
え、これアプリだから第三者の目が入って可視化されただけで、これまでもOB訪問そのものがセクハラだらけだったってことでは。いったい何千・何万の被害者が泣き寝入りしたんだろう。
人を仲介するSNSをはじめとしたサービスには運営する側にも一定の責任がある →
出会い系出会い系
"「Matcher」…VISITS OB やビズリーチ・キャンパス同様に取材を申し込んだが、一切を「答えかねる」(担当者)とのことだった。"→
OBOG訪問アプリを使って男性社員が女子大生に性暴力を振るう事件が多発。自分の立場を利用して、よくもこんな未来ある若者を踏み躙る真似が出来るな。己の仕事への大義も、社会人としての良識もまるでない。恥知らず。恥を知れ。
セクハラ被害続出。就活OB訪問アプリ

"サービスを始めたきっかけは、OB訪問を通じて社員が学生にセクハラやパワハラをしてしまうのではないかと懸念を抱く企業の人事担当者から相談を受けたことだ"

人事の相談で始めたサービスで学生が性暴力受けるってどういうことだよ
学生は女性6割でも社会人は男性が8割
「Matcher」は運営会社が取材に回答拒否。そういう企業ってことだな
「就活相談乗るので、うつ病の学生さんカウンセリングさせてください」って地獄フレーズすぎワロタ
300%の確率でヤリ捨てされるやつやん
続報。アプリ会社への丁寧な取材。これ自体が、状況を変える一歩になっている。
ビジネス・インサイダーの連載、大林組の話が表になる前から始まってたけど、そこらへんの情報ってネットじゃなかなか得られない。
リアルの情報収集も欠かせないな。
運営各社に聞きました。

身元確認、会話の監視、通報窓口、レビュー欄、会う場所の限定...

逮捕された容疑者は、ある警告を受けていました。
>「Matcher」。
>取材を申し込んだが、一切を「答えかねる」(担当者)とのことだった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR