TOP > 政治・経済 > 「もっと簡単に帰れると思った」イギリス、自らの意思でISに参加し戦闘員と結婚した19歳の市民権をはく奪 | BUSINESS INSIDER JAPAN

「もっと簡単に帰れると思った」イギリス、自らの意思でISに参加し戦闘員と結婚した19歳の市民権をはく奪 | BUSINESS INSIDER JAPAN

12コメント 登録日時:2019-02-21 15:45 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

過激派組織「イスラミックステート(IS)」に参加するため、ロンドンを去ったシャミマ・ベガムさん(19歳)は、イギリスへ帰りたいと訴えていた。イギリス政府は、シャミマさんを国の安全保障上の脅威だとし、2月19日(現地時間)には、彼女の市民権...

Twitterのコメント(12)

「もっと簡単に帰れると思った」

イギリス、自らの意思でISに参加し戦闘員と結婚した19歳の市民権をはく奪。

彼女はどこに行くのか?
子は母親を選べないとはこのことだな
まだ子供なんだよね。もしかしたら頭も弱いのかも。
でも、こういう人受け入れるのも怖いよね。
私もオウムの麻原の子供達は可哀想な被害者でもあるけどやっぱり怖いと思う。
何考えてるか分からない、まだ組織と繋がってるかもという恐怖がある。
さすがに、これはもっともだよ。
しかし、「私と私の息子に不当だと思う」って(笑)

「もっと簡単に帰れると思った」イギリス、自らの意思でISに参加し戦闘員と結婚した19歳の市民権をはく奪|BUSINESS INSIDER
遠く離れた日本人の感覚で「お気の毒」と思うのは甘いのかな?
……難しい問題だが、自らの行いに対する代償は必要かな。ただし子どもには罪がないから何かしらの救済はあってもいい。
アメリカの女性もそうだけど、事の重大さを全く理解してない。彼女等が取った行為は自分の国を捨てる行為に他ならないんだからね。
イギリスは市民権剥奪できるのか…。フランスも剥奪へ向けてもう一度議論されるべき。
バカにもほどがある。
自分の意志でテロに参加=>「イヤになったので帰る」と言ったら怒られた=>逆ギレ。しかも参加は後悔してない。それを悲劇に見せるmedia

「もっと簡単に帰れると思った」イギリス、自らの意思でISに参加し戦闘員と結婚した19歳の市民権をはく奪|BUSINESS INSIDER
難しい問題だけど、簡単には帰れないよね‥。選択、人生は選択で成り立っている。
酷だけど、今ISとの関係がどうと言うより、簡単にISと関係を持とうとする思考の保持自体が国に不利益、って事なんじゃないかなって

「もっと簡単に帰れると思った」イギリス、自らの意思でISに参加し戦闘員と結婚した19歳の市民権をはく奪
以上

記事本文: 「もっと簡単に帰れると思った」イギリス、自らの意思でISに参加し戦闘員と結婚した19歳の市民権をはく奪 | BUSINESS INSIDER JAPAN

関連記事