TOP > 政治・経済 > 胃がん克服したファミマ澤田社長。がんで動揺しないため「必要なのは正しい知識と共感」 | BUSINESS INSIDER JAPAN

胃がん克服したファミマ澤田社長。がんで動揺しないため「必要なのは正しい知識と共感」 | BUSINESS INSIDER JAPAN

コンビニエンスストア大手・ファミリーマートの澤田貴司社長(61)が2月3日、都内で開かれた「CancerXサミット2019」に登壇。医療やがんに罹患した人の生活など幅広く話し合う場で、自らのがん体験を...

ツイッターのコメント(22)

澤田さんって親と同世代なのか・・・こんなにかっこいいのに・・・澤田さん憧れる
お会いしたかったな
「生きてるぞー。1週間後には会社に行くから!」

→胃がん克服したファミマ澤田社長が病気に動揺しなかった理由とは??
今年まだ胃カメラ行ってないので行こ
まず皆予防の知識をつけないとだよね。知識大事。なってから調べると焦って変な情報ばかり掴んでしまう事になりかねない。
写真の説明: CancerXサミットに登壇したファミリーマートの澤田社長。小泉進次郎衆院議員らと一緒に、「がんで動揺しない社会のために」を議論した(右から2番目)
「CancerXサミット2019」に登壇。医療やがんに罹患した人の生活など幅広く話し合う場で、自らのがん体験を語った
「Cancer,So WHAT?」「がんと言われても動揺しない社会の実現」
---
・『先が見える状態』をいかに早くつくるかが大事
・正しい知識は大事。正しい知識にたどり着ける仕組みを作ること
・これからは、医者だけでなく『全員参加』で医療を創る時代
先が見える状態って、要は知識不足で起きる恐怖を知識をつけることで恐怖を削ってイメージかな
『よっしゃー、いっしょにやろう』
鬱病に必要なのも
『正しい知識と共感』です。

別にネガティブを振りかざす気はない、
ただあまりに患者が多すぎる。
予防医療は周囲の理解も必要
問題はこういったことを認識していない人たちだよね! / (Business Insider Japan)
この記事の中で澤田さんが持っていた「信頼する医師という、優れたナビゲーター」を、社長だけでなく全ての社員が持てたら素敵ですよね。そんな社会を作るために、ひたすら頑張っています。
正しい知識、これはとっても大切。
過度に心配しすぎるストレスも良くないし、楽観視しすぎて放置も良くない。いいバランスをとるうえで欠かせないのが正しい知識です。
集合写真の中に私がいます(笑)

胃がん克服したファミマ澤田社長。がんで動揺しないため「必要なのは正しい知識と共感」 | BUSINESS JAPAN
胃がん克服したファミマ澤田社長。がんで動揺しないため「必要なのは正しい知識と共感」先日のCancerXで鈴木美穂 @mihoct16 小泉進次郎 岡崎裕子との対談内容が掲載|BUSINESS
子ども食堂をはじめることで注目をあつめるファミマ。社長の経験も素地になったのだと、考えさせられた 胃がん克服したファミマ澤田社長。がんで動揺しないため「必要なのは正しい知識と共感」|
「CancerX Summit 2019」に取材に来てくださったBussiness Japanさんの記事が公開されました。

「Cancer Journey(がんの旅路)は、経営と似ている。」
個別インタビューに応じていただいたファミリーマート澤田貴司社長、かっこいい!!
> 闘病と経営で必要なのは、「先が見える状態にすること」と語る澤田社長。

産休中のメンバーの「見通しを共有し続けてくれたので不安はまったくなかった」を思い出した。

胃がん克服したファミマ澤田社長。がんで動揺しないため「必要なのは正しい知識と共感」| @BIJapan
「がんと言われても動揺しない社会」をどう実現するか考える。
先日、そんな会に参加してきました。

僕は人生の終盤を担当してますが、そこに至るまでに抱く不安を可能な限り減らしたい。

正しい情報の普及、生活が保障される仕組みの構築が大切と考えてます。
ファミマ澤田社長のインタビュー。がんは特別なことじゃないと肌感覚で伝わります。「コレクティブ」に社会を変えていく、は、今、最も響くキーワードです。

胃がん克服したファミマ澤田社長。がんで動揺しないため「必要なのは正しい知識と共感」 | BUSINESS JAPAN
病気になる前に信頼できる医師を見つけ、かかりつけ医をもっておく事が大切。人は先が見えない事に不安を覚えるもの。
癌に必要なのは、まさに知識と共感。同じ境遇なので納得しかない。 / (Business Insider Japan)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR