TOP > 政治・経済 > BUSINESS INSIDER JAPAN > 来るべきAIによ...

来るべきAIによる大変化は「経済は拡大するが格差も拡大」第一人者トロント大学経営大学院教授 | BUSINESS INSIDER JAPAN

11コメント 登録日時:2019-01-31 07:30 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

人工知能(AI)は社会、経済、そして人間の営みにどういう影響を与えるのか —— 。その問いに答えるため、世界中を駆け回る人物がいる。カナダ・トロント大経営大学院の教授でエコノミスト、Creative Destruction Lab 創設者...

Twitterのコメント(11)

来るべきAIによる大変化は「経済は拡大するが格差も拡大」第一人者トロント大学経営大学院教授

いま考えられる3つの「懸念」とは?
格差も拡大するのは間違いなさそうですね。

うまくテクノロジーを使う側になれるか、

テクノロジーに支配される側になってしまうか。

@BIJapan
>現在の身近なAIは、ロボットや自動走行システム、IoT(Internet of Things)などが考えられるが、ほかにどんなことが起きるのか。 教授は、「医療」「ショッピング」「翻訳」の分野で大きな変化が起きると予測する。

...
スモールBIでいいんじゃない?
日本もへんな固定概念捨てりゃいいんじゃない。 / 来るべきAIによる大変化は「経済は拡大するが格差も拡大」第一人者トロント大学経営大学院教授 (Business Insider Japan)
AIによる翻訳精度の向上はかなり現実的となってきていますね。

ビジネス文書・メール等に活用できるほどの精度となれば、

ビジネスシーンで通訳者や翻訳者は、プラスの付加価値をより要求されるようになりそうです。
AIの進化で生活は便利になるけど、職業によって格差はさらに広がりそう。その前にベーシックインカムや社会保障が充実していれば問題ないけど、今の日本では期待できない状況で。根本的な稼ぎ方・ライフスタイルを見直す時期が来てるのかもしれません。
2月6日に早川書房より刊行する『予測マシンの世紀』の著者のひとり、アジェイ・アグラワル氏のインタビューが公開されました!
アジェイ・アグラワル氏
「競争に勝つには、ライバルよりもいいAIを開発した方がいいでしょう。」

"いいAI"というのが、どこからどこまでを指しているかにもよるが、良いシステムだけを開発して、現場で活かすためには、...
グローバル化は先進国の労働者の賃金を押し下げ、新興国の賃金を押し上げ結果、二極化を拡大させたけど、AIとロボット化はその比ではない大きな格差を産む危険性がある。上手くグローバル化に乗れた人は大富豪になったように、上手くAI化に乗れた人は更に巨万の富を得る。
書きました。カナダ・トロント大の経済学者の「AIの将来」の見立て。旬の学者アジェイ・アグラワル先生のインタビューです。たった25分だったのに、こんなにたくさん話していたんですね。
以上

記事本文: 来るべきAIによる大変化は「経済は拡大するが格差も拡大」第一人者トロント大学経営大学院教授 | BUSINESS INSIDER JAPAN

関連記事