TOP > 政治・経済 > 誰もが自分の仕事に意味が欲しい…… 専門家が明かす、それだけではわたしたちが満足できない理由 | BUSINESS INSIDER JAPAN

誰もが自分の仕事に意味が欲しい…… 専門家が明かす、それだけではわたしたちが満足できない理由 | BUSINESS INSIDER JAPAN

ビジネスコーチのキャット・ルブラン(Cat LeBlanc)は、意味のある仕事をしていても、不満を抱えているクライアントにしばしば出くわすという。これは、意味だけでは自分の仕事を好きになるのに十分でな...

ツイッターのコメント(21)

| ライフハッカー[日本版]
自然なワークスタイルを
取らないとパフォーマンスが出ないか・・
意味ある仕事でも、意味あるものを自ら見出せないと、意味ある仕事にならないだよな。それは与えられる以上に見出すことが大切だよね。 / (ライフハッカー[日本版])
「意味のある仕事」=「社会的に」とするならば、比較的単調な仕事が多くなりがちで、満足できないというのも理解できる。 / (ライフハッカー[日本版])
自分にあった目標だけでなく、自分にあった働き方が大事なんですね。
誰もが自分の仕事に意味が欲しい…… 専門家が明かす、それだけではわたしたちが満足できない理由|BUSINESS INSIDER
例えば、自分の意見・考えが通らない環境だと仕事自体には意義があってもつまらなく感じてしまうことはあるでしょうね。
ただ自分の意見や考えが何故通らないのか、通らない理由はホントに環境(周りの人間)の所為なのかどうかはちゃんと自問自答しないとね。
自分の目的や夢に合った仕事が出来ていても、思考パターンや行動パターンから外れていたらしんどいですよ、という話。
だから辞めよう、ではなく、仕事内容を自分の考え方&動き方に寄せていけると、豊かに働ける。
実感
〉すでに意味のある仕事をしているようで、仕事に対する満足度が低く、別の選択肢を模索している人の数は増えている。医療や教育のプロが多い。
人類は人類にしかできないことしないと満足できないのではないかな~。花を見て美しいと感じたり夜空を見上げて遠い星のことを思ったり…それは他の生物にはできないこと
“目標を達成し、自分の仕事に満足感を得るためには、日々、良い気分でいることが必要だ。意識的に意味のある仕事に取り組み、自分にとって自然なワークスタイルで働くと、飛躍的に満足度が上がり、真に両者の長所を生かすことができるだろう。”
金の為と割り切るには難しい仕事が多すぎるわな
自分らしいスタイルが一番満足できることを知る。

無理して自分ではない姿を演じても、ストレスが溜まり、結果的にパフォーマンスを下げてしまうだけ。満足度はどんどん下がる。

こうでなければいけないという固定観...
どうしても、仕事をしてる時間が人生の割合で大きいから、仕事から考えるのは仕方がないけど、

ほんとはどういうライフスタイルが自分には合ってて、そのために何をしたら良いかという発想の方がいい気がする。

要するにもう少し視野を広げて、、、
表面的にはすでに意味のある仕事をしているようで、仕事に対する満足度が低く、別の選択肢を模索している人の数は増えている。彼らは医療や教育のプロであることが多く、高い専門性が要求される仕事は最も意味が感じられるはずの仕事だ。
すごくわかる。
やりがいと満足度は必ずしもイコールではないんだよな。

「性格と目的が合致すれば、誰もかなわない」

仕事に満足度を求めるならまずは自分の性格を理解すべき。
あなたが意味のある仕事をしていても満足できない理由

意識的に意味のある仕事に取り組み、自分にとって自然なワークスタイルで働くと、飛躍的に満足度が上がり、真に両者の長所を生かすことができるだろう。
誰もが自分の仕事に意味が欲しい…… 専門家が明かす、それだけではわたしたちが満足できない理由

「目標を達成し、自分の仕事に満足感を得るためには、日々、良い気分でいることが必要だ」その通りです。そうなるには…。
何のためにこの仕事をしているのか。というWHYを自分に繰り返す。本当の自分の目的を自覚して、今の仕事以外にも道があれば、現状を維持する必要はない。ただし、今の仕事からも道...
仕事に意味があるだけでは十分ではない

意識的に意味のある仕事に取り組み、自分にとって自然なワークスタイルで働くと、飛躍的に満足度が上がり、真に両者の長所を生かすことができる
✅意味を感じられる仕事

✅自分が快適だと思う働き方

この2つが揃って初めて満足感を得られるのだそう。

仕事に意味を感じていても、毎日デスクに座ってタスクをこなすだけではストレスが溜まる。

企業は社員に合った仕事と働き方を提供することが重要になりそう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR