TOP > 政治・経済 > 時代遅れな“私的録音録画補償金”の違和感、「作家に還元されない制度」は無意味だ | BUSINESS INSIDER JAPAN

時代遅れな“私的録音録画補償金”の違和感、「作家に還元されない制度」は無意味だ | BUSINESS INSIDER JAPAN

12コメント 登録日時:2018-10-26 17:10 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

現在、文化庁の文化審議会著作権分科会において、「私的録音録画に関する補償金制度(以下、補償金制度)」について、見直しの議論が行われている。まだ結論は出ていないが、この議論の流れによっては、今は補償金が課せられていないPCやスマートフォンな...

Twitterのコメント(12)

西田宗千佳さんの記事。もう説明するのもめんどくさいと言うのはある>時代遅れな“私的録音録画補償金”の違和感、「作家に還元されない制度」は無意味だ|BUSINESS
"そのため、補償金の収入は現状ほとんどなく、管理を行う「私的録画補償金管理協会」も2015年に解散している。"


ということで2017年が載ってなかったという
いい記事だと思ったら西田宗千佳さんだったか!
補填金の還元金額を実際幾ら捻出したのかってのを調べたら良いんじゃないかな?多分そこで問題になるのが団体を維持しているお金だろうけど騙されるといけないのはその金額は「無ければ使わなくていい金額」だと言うことだ。
データを持つ事がなくなってきてるのでどっかで廃止しないとパッケージ金額を無駄に圧迫するだけになるかもね。___時代遅れな“私的録音録画補償金”の違和感、「作家に還元されない制度」は無意味だ|BUSINESS
団体潰した方が良いよ

時代遅れな“私的録音録画補償金”の違和感、「作家に還元されない制度」は無意味だ
権利侵害の実態があるという根拠になっている、みずほ総研による調査(「平成29年度私的録音実態調査」)によれば、40%が録音をしているとのことだけれど妥当かな…|時代遅れな“私的録音録画補償金”の違和感、「作家に還元されない制度」は無意味だ|BUSINESS
時代遅れな“私的録音録画補償金”の違和感、「作家に還元されない制度」は無意味だ|BUSINESS  なかなか難しい問題。利権云々の話が先行して本質的な議論はされていないのでは。
論点のド真ん中にドストレートの豪速球が投げ込まれた☄️☄️☄️

『徴収した費用がクリエイターに還元されないのであれば、それに意味があるのだろうか?』
時代遅れな“私的録音録画補償金”の違和感、「作家に還元されない制度」は無意味だ|BUSINESS  > 時代遅れな中間搾取にしかならなさそう。
掲載されました。「そもそも論」も含めて、この話がどういう流れなのかをまとめてみました。:時代遅れな“私的録音録画補償金”の違和感、「作家に還元されない制度」は無意味だ | BUSINESS JAPAN
西田さん @mnishi41 にそもそも何故そんな制度が生まれ、そして再検討されているのか。冷静に分析・解説していただきました。
スマホ、PCを持つすべての人は要チェック。

時代遅れな“私的録音録画補償金”の違和感、「作家に還元されない制度」は無意味だ|BUSINESS
以上

記事本文: 時代遅れな“私的録音録画補償金”の違和感、「作家に還元されない制度」は無意味だ | BUSINESS INSIDER JAPAN

関連記事