TOP > 政治・経済 > 就活ルール廃止は日本型雇用破壊の始まり——新卒一括採用がイノベーションを阻害するという大企業の焦り | BUSINESS INSIDER JAPAN

就活ルール廃止は日本型雇用破壊の始まり——新卒一括採用がイノベーションを阻害するという大企業の焦り | BUSINESS INSIDER JAPAN

42コメント 登録日時:2018-09-19 05:18 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

経団連の中西宏明会長が、企業の採用活動の時期を定める「就活ルール」を廃止するとの発言が波紋を広げている。だが、このルール廃止は単に就活・採用の再編に止まらず、「大企業が日本型雇用から脱却する意思表示だ」との声が聞こえてくる。新卒一括採用や終...

ツイッターのコメント(42)

働き方を柔軟にしたり魅力的なものにしてかないと採用ルールだけ変えたところで会社や社会にとっての変革にはなっていかないでしょう。
新卒一括採用終了の危機、
インターンの学生が実際の従業員よりも多いスタートアップ企業も多く、そう行った面では逆にスキルのある人材は年齢関係なく優位に立つだろう。
日本もようやくやりたいことで生きていける社会になる兆しが来た。優秀な海外人材も流入するようになるし、頭の凝り固まった使えない年寄りが軒並みいなくなるといいな~
就活ルールの前に、就活っていう文化が違和感。

僕はコネ入社が最も自然な入社方法だなと最近感じる。

信頼できる人に、

「こいつめっちゃ真面目で良いやつだから会社入れてやってくれよ!」

って紹介してもらった方が気持ち良く採用できる。
おお、なかなかわらかしよんなー。

経済同友会が2017年に発表した報告書の中にこのような文言があるらしい。

「社会人経験のない学生を大量採用し、均質なマインドセットを行うことが、画一的な人材を生み出し、イノベーション創出を阻害している可能性がある」...
遅すぎたくらい。>今の日本企業は、新卒一括採用では、採りたい人材が採れないということ。せめて3分の1くらいは中途や外国人のハイスキル人材を採りたいのが本音 /
>高いスキルを持った理系人材やエンジニア、起業家タイプらは、早々に外資や人気ベンチャーから内定をとっていた。スケジュールの固定されていた『一括採用』では採用できない、この層を採用するために早期からの動きと『通年採用』という形で窓口を設けることにはなるでしょう
部長が人事権を持って採用、解雇を行えばいい。能力の高い人間は専門性も高い。採用においても専門的な人間が行う方がミート率が高い。
日本語を学ぶ外国人は日本では就職しない人が多いという。雇用体系や一律の賃金仕事内容等見直す点はいくつもある。改善しないと人材が来なくなる。
通年採用組が幹部候補で、一括採用組はコマにしかならなさそう
会社は自分に都合のいいことしか言わないのが当然であって、学生側は意識的に勉強して自分が会社を選べるようになることが必要 すると就活ルールなんてそもそも無意味
▶都合のいい 良いとこ取り、使い捨て時代の始まり?
>>”是・先ずは企業崩壊❣象徴では・採用よりは❣❣ん?滝川麻衣子さん??”<<
>新卒一括採用では、採りたい人材が採れないということ。せめて3分の1くらいは中途や外国人のハイスキル人材を採りたい

優秀な人材が欲しいなら給料を弾ませればいいのに
「大手企業にとって『一括採用』は効率的かつ効果的な採用手法です。」とあるが、大手の新卒採用担当者は怠慢と読める。
横並びの一括採用がなくなったら学生側のリスクは大きい!
キャリアと新卒の比率の見直しだけなら自社の取組みで何とかなると思うけどな。早期に動いてる人だけがイノベーティブではないと思う
時代は変わるのだ。ある程度のショックを和らげることも必要であったとしても、一々悲観的になってたら世界においていかれる。進歩するにはどうすればいいか、と考えれば良いのだ。それも「カイゼン」だろう。
大学で自分をきちんと磨いてきた大学生が、殆どの日本企業を自分の生涯キャリアの第1ステップとしか思っていないのは何故かをきちんと見直してみれば、昨今世間を賑わせているスポーツ界の問題、虐待の連鎖をどこで断ち切るかという問題と本質的に同じだと判るに相違ない。
企業の採用活動の時期を定める「就活ルール」の廃止は日本型雇用の終わりの始まり

一括採用見直しで、学生に問われるものとは?
「仕事を選べずにただ働くのか、自分のスキルを磨いて成長し続けるのか。学生時代の過ごし方や、勉強の仕方も問われることになるでしょう」

どこでもいいけど、長期インターンするといいと思う。

BUSINESS
まぁ論を俟たないよね
日本型雇用システムは生活のあり方全般に関わっているから、企業だけが取り組んでも混乱して結局はうまくいかないと思う。政労使が協力して、次の新しいシステムを模索していってほしい。
~今の日本企業は、新卒一括採用では、採りたい人材が採れないということ。せめて3分の1くらいは中途や外国人のハイスキル人材を採りたいのが本音だ~
企業内で焦ってる人は違う会社に移れば良い。新卒から定年まで守られて雇用される時代は、終わりというか、だいぶ前に終わっている。
なぜ「ハイスキル人材」を早期に見極められると思うのかが疑問。
これから世の中どうなってくんやろうなぁ〜おもしろい
あとでちゃんと読む
BIさんの記事でコメントを取り上げていただきました!加えて補足すると、記事内の大手金融幹部や経済同友会の「イノベーション創出のために多様な人材が必要→新卒以外も増やすべき」的な話はそこじゃないんじゃないかと思っていて(続く)
「仕事を選べずにただ働くのか、自分のスキルを磨いて成長し続けるのか。学生時代の過ごし方や、勉強の仕方も問われることになるでしょう」

恐らくこれからの激変する就活でも、根幹で大切なのはココなのでしょうね!
横並びの一括採用がなくなれば、学生にしても、グローバルの競争環境に置かれることになる。
就活ルール廃止は日本型雇用破壊の始まり—
新卒一括採用がイノベーションを阻害するという大企業の焦り|BUSINESS  via
“学生にしても、グローバルの競争環境に置かれることになります。(略)仕事を選べずにただ働くのか、自分のスキルを磨いて成長し続けるのか。学生時代の過ごし方や、勉強の仕方も問われることになる” 半分同意 / “就活ルール廃止は日本型…”
優秀な若手を採用したところで、彼らの能力を活かす裁量とインセンティブを日系大企業はあたえられないだろうから、採用しても定着率が悪くなるだけだと思うのだが。
「社会人経験のない学生を大量採用し、均質なマインドセットを行うことが、画一的な人材を生み出し、イノベーション創出を阻害している可能性がある」 / 就活ルール廃止は日本型雇用破壊の始まり——新卒一括採用がイノベーシ...
優秀な人材が採れないのは、自分たちに魅力がないせいだと認めない限り、就活ルールなくしたところで何も変わらんよ。
高いスキルもない理系学生の成れの果てがこちらです。本当にありがとうございました。
新卒一括採用という仕組みにも問題はありますが、入社後に「均質なマインドセットを行う」ことに最も根深い問題があると思います。
実際新卒一括採用なんぞ自分の周りでは機能してなかった。早めに内定とって論文だ〜って感じだった。
雇用流動性を上げた方が適材適所を見つけやすいから、この流れは加速してほしい。
ようやくまともになるな。
日本人の生き方自体が変わるかもね!
就活ルール廃止は日本型雇用破壊の始まり??新卒一括採用がイノベーションを阻害するという大企業の焦... (BUSINESS INSIDER) 経団連の中西宏明会
以上

記事本文: 就活ルール廃止は日本型雇用破壊の始まり——新卒一括採用がイノベーションを阻害するという大企業の焦り | BUSINESS INSIDER JAPAN

関連記事