TOP > 政治・経済 > 新ブランドも登場、ミレニアル世代が好きなブランド トップ50 | BUSINESS INSIDER JAPAN

新ブランドも登場、ミレニアル世代が好きなブランド トップ50 | BUSINESS INSIDER JAPAN

2018年の消費額が3兆3900億ドル(約375兆円)を超えると予測されるミレニアル世代はブランドにとって最も重要な顧客層となっている。だから、好き、嫌いにかかわらず、ブランドはミレニアル世代を無視で...

ツイッターのコメント(17)

ちょっと古い記事だけどφ(..)… /
さて日本限定でするとどうなるか?
ユニクロ、Zozoタウン、DeNAとかも思い浮かぶけど..
NIKEが一番かあ。 /
「1位ナイキ、9位ジョーダン、10位アディダス」
1位 ナイキ
2位 アップル
3位 アマゾン
4位 ターゲット
5位 ウォルマート
6位 サムスン
7位 グーグル
8位 ソニー
9位 ジョーダン
10位 アディダス

@BIJapan
「小売、ファッション、飲料、自動車、ゲーム」の人気が高いらしい。ベンツとTeslaを除けば、みんなに長年愛されているようなブランドが勢揃い。 >
1位ナイキ、2位アップル、3位アマゾン。こういう記事って勿体ぶる意味あるんだろうか。
シボレーとかタコベルとかなんか久しぶりに聞いた
一位が意外
日系企業が20位以内に3社も入っているの驚き、
しかも車メーカーはTOYOTAよりもHONDAの方が高いんですね /
結構リアルなランキングだなぁ。日本版もやって欲しい。
毎日どこかしらのブランドのネタがニュースになってるのを考えると理解できる。 / ミレニアルが好きなブランド、
ミレニアル世代が好きなブランド。このデータはリアルで面白い!9位に『joadan/ジョーダン』が入ってきてるところに、答えがあるように思う。 / ミレニアルが好きなブランド、
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR