TOP > 政治・経済 > BUSINESS INSIDER JAPAN > 【保存版・食品E...

【保存版・食品EC戦国時代】60兆円の食品市場にeコマースが次々参戦、鍵は“食品物流テック” | BUSINESS INSIDER JAPAN

17コメント 登録日時:2018-08-30 06:17 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

日本の食品市場は60兆円、しかしオンライン化率は、わずか2% —— 広大な「食品EC」の市場をめぐり、各社が続々と参入を果たしている。超えなければならない大きなハードルは、物流だ。参入相次ぐ、食品EC業界の今を見てみよう。食品のEC化率2...

Twitterのコメント(17)

通販の中でも歴史のある分野。
生鮮食品は工業製品と比べ非常にデリケート。
それ故に非効率な物流をひきづっている。
Amazonでさえ生鮮食品は人が箱詰め。どこが効率的な物流で抜け出すか?
EC市場が着実に拡大している中、食品市場(約60兆円)のEC化率はわずか2.41%。

他分野のEC化率と比べて非常に低く、市場規模とのギャップも激しい。なるほど、戦国時代になるわけだ。

衣類:11.54%
本、音楽:26.35%
電化製品:30.18%
化粧品・医薬品:5.27%
全体:5.79%
食品系は中抜きされる大手卸会社が強く、小売店やEC事業者は料率が取りにくい。かつ賞味期限があり在庫リスクも高く、COOL配送等の配送費も高い。という点でECのハードルが高い分野。今後に期待。
|60兆円の食品市場にeコマースが次々参戦、鍵は食品物流テック
方法は、十人十色のようなもの。
九州の野菜を一時間以内に届けるベジリー。物流スキーム気になる。
「食品のEC化率2%」

BtoCのEC化率6パーセント弱だから中でも低い。でもうちはCOMPのおかげで食品8割くらいEC
分かりやすい。
Logistics が大事だよね、この分野も。
/60兆円の食品市場にeコマースが次々参戦、鍵は“食品物流テック”|BUSINESS
みんなおる
この領域まさかのオンライン化率が2%とのこと!
あとはフードロスの解消しながら、オンライン化進めてくれたら最高だ
いいまとめ。おもったよりいっぱいあるんだな。
クックパッドマートも言及されてました /
「アマゾンであれば、日本におけるECや小売のセグメント利益を戦略的に赤字にして、他で補うという選択肢は普通にとれてしまう。」― 逆にこうしないと合わないですね。

【保存版・食品EC戦国時代】60兆円の食品市場にeコマースが次々参戦、鍵は“食品物流テック”|
食品EC戦国時代。読みごたえある記事だった!
以上

記事本文: 【保存版・食品EC戦国時代】60兆円の食品市場にeコマースが次々参戦、鍵は“食品物流テック” | BUSINESS INSIDER JAPAN

関連記事