TOP > 政治・経済 > BUSINESS INSIDER JAPAN > 特許切れ電子楽器...

特許切れ電子楽器の「リメイク批判」すると訴えられる? ベリンガー社を取り巻く激論の顛末 | BUSINESS INSIDER JAPAN

13コメント 登録日時:2018-07-23 05:33 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

中古市場で人気のあるシンセサイザーやリズムマシンには特許権の期限(出願から20年)が切れてパブリックドメインになっているものも多い。これらのリメイク製品に対しては賛否両論。大手メーカーのBehringer(ベリンガー)はリメイクを批判した...

Twitterのコメント(13)

どんどん出てくるベリンガーのクローン機材、オリジナルの制作者はどう思ってんのかなというのはなんとなく気になる
ついでに槍玉に上がってるのは MS20 復刻の件かな
興味深い記事です。

☆特許切れ電子楽器の「リメイク批判」すると訴えられる? ベリンガー社を取り巻く激論の顛末☆
"「抄袭狗(剽窃した犬、あるいはコピーキャット)」"
犬なのか猫なのかどっちや??ってなった。
こんなことになってんのか。そもそもどんな特許なんだろう。/
面白すぎる。中国の愛好家たちがアメリカの会社を「この経緯を欠いたパクリ野郎」と批判して、逆に反SLAPP訴訟で訴えられるwww
ニュースサイトにて。ベリンガーって単語、久しぶりに聞いた。
大学に入って以降は周りはみんな当たり前のようにサンズアンプBD持ってたけど、金ない金ない言いながらベリンガーの歪みでベース弾いてた高校時代が懐かしいな。
技術や文化の継承なんで、僕はアリかなあ。名機は名機として残るでしょう / ベリンガー社を取り巻く激論の顛末 (Business Insider Japan)
パクリとオマージュの境界はどこに? >
よくこんなの取り上げたなあ汗
ベリンガーだから批判されてる感
◯ ベリンガー社を取り巻く激論の顛末
→反スラップ法(恫喝を目的とする訴訟を棄却する法律)が機能しまた。20年の著作権を過ぎ、リメイクが多く出回っています。
ギター&ベースの意匠、アンプ類の特性=音質、ストンプボックス等エフェクツ類の効果の類似性については今さら何も言われない独世界(というより電気楽器は20〜30年前に通過済みとも言える。電子楽器が後発だけに遅れて来た感じか)
リスペクトって大切“オリジナルに対する敬意を持ちながらどこまで真似ていいのか、どこからがやり過ぎなのか、技術者や熱狂的なファンたちも各々違った感情や考え方を持っているだろう。” / “特許切れ電子楽器の「リメイク批判」すると訴え…”
以上

記事本文: 特許切れ電子楽器の「リメイク批判」すると訴えられる? ベリンガー社を取り巻く激論の顛末 | BUSINESS INSIDER JAPAN

関連記事