TOP > 政治・経済 > 大人の発達障害、LGBTs……部下が「みんな違う」時代のマネジメントとは | BUSINESS INSIDER JAPAN

大人の発達障害、LGBTs……部下が「みんな違う」時代のマネジメントとは | BUSINESS INSIDER JAPAN

かつて私の組織に、攻撃的なコミュニケーションをとるメンバーがいました。そのメンバーは社内外からの評判も高く、同僚からの信頼も厚かったのですが、急に特定の条件で、特定の人たちに対して攻撃的になることがあ...

ツイッターのコメント(20)

痛〉かつて私の組織に、攻撃的なコミュニケーションをとるメンバーがいました。ー急に特定の条件で、特定の人たちに対して攻撃的になることがあり、対応に苦慮していました。

| BUSINESS INSIDER JAPAN
「普通」と「違う」ではなく、全ての人に認知のゆがみがあることを理解すること。みんな「普通」でみんな「違う」と気づくこと。
『違う』を社会が作り上げた『普通』に当てはめようとする時代は終わった。

てか管理職が「良い組織を作るための勉強会」をやるなんて、、素晴らしすぎかよ〜我々もやってみよ!
"全ての人に認知のゆがみはある"
"「普通」と「違う」ではなく、全ての人に認知のゆがみがあるのです。つまり誰もが「普通」とも言えるし、だれもが「違う」とも言えるのです。"
大人の発達障害、LGBT。多様な時代に部下をどうマネジメントするか|ライフハッカー[日本版]
【ライフハッカー[日本版]】
価値主義って凄い面白い時代だと思う。 / (ライフハッカー[日本版])
(ライフハッカー[日本版])
マネジメントにメチャクチャ苦手意識を抱いていた(今もそれなりにある)自分からしたらいろんな意味で考えさせられる記事。
単に相手の配慮ばかりを期待するのも違うし、お互いの痛みが分かるからこそ譲り合いの気持ちを持っていたいです!
みんな違ってみんないい。
それでも「自分の周りだけは普通が居るのが普通」と心汁人はいそうな気がする。
『全ての人に認知のゆがみがある=みんな「普通」だし、みんな「違う」』
みんな違って良いんだよね(^_^)
まーちゃんとの握手会の前に読み直そう(^_^;


BUSINESS INSIDER JAPAN
みんな違って当たり前。 / 大人の発達障害、LGBTs……部下が「みんな違う」時代のマネジメントとは (Business Insider Japan)
特別扱いしない事。
一人ひとり違うのに完璧に対応出来る人はいない。
誰もが少しずつ協力して、少しずつ我慢する。
発達障害、LGBTs……部下が「みんな違う」時代のマネジメントとは
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR