かつてグーグルの面接で出題されていた超難問16選 | BUSINESS INSIDER JAPAN

最も成功した企業の採用試験は、時々、明らかに変だ。回答がなさそうな奇妙な質問をされたり、応募者をスタートラインにすら立たせないような基準があったりする。グーグルはかつて、そうした企業の代表例だった。高...

ツイッターのコメント(37)

私に挑もうと言うのかね?( ‘ᾥ’ )
あ、知らない問題も見つけた。解けないけど面白いわ。

かつてグーグルの面接で出題されていた超難問16選
@plonk1 原文から引用する際に情報が欠落して意味の分からない文章になってるだけっぽいですね・・・。 かつてグーグルの面接で出題されていた超難問16選|BUSINESS INSIDER
(2

で、りぬが答えを読んでも分からなかった問題はーあなたは卵を2つ持っていて、100階建てのビルに入ることができます…… です。
Googleの入社試験ヤバイ!
興味あるやってみてください(^.^)
かつてグーグルの面接で出題されていた超難問16選|BUSINESS INSIDER

こういうのを解いて入社した人は
今どんなことをしているのだろうか
回答がついているところが、笑ってしまった。

20代の頃、当時最も成功していたアメリカの企業の第5次面接の時に、

ここにあるような質問されました。

だから、新しいことという訳ではなく、

好みなのでしょうか?
全問分かった!嘘です。かつてグーグルの面接で出題されていた超難問16選|BUSINESS INSIDER
かつてグーグルの面接で出題されていた超難問。

・ピアノの調律師は世界中に何人いる?

・ある男性が車をホテルにぶつけたら、全財産を失った。何が起きた?

・アメリカでは毎年、掃除機が何台作られる?

唯一、マンホールのふたはなぜ丸い?だけ分かりました
かつてグーグルの面接で出題されていた超難問16選

→例:あなたの身長は5セント硬貨(2cm)くらいに縮み、体重も比例して減った。ただし密度は元のまま。次に、ミキサーの中に投げ込まれた。60秒後にミキサーが回り始める。どうしますか?

答えは記事中のリンクにあります
 
PR
PR