TOP > 政治・経済 > BUSINESS INSIDER JAPAN > ラスベガスの銃乱...

ラスベガスの銃乱射事件は、なぜ「テロ」と呼ばれないのか | BUSINESS INSIDER JAPAN

20コメント 登録日時:2017-10-03 10:46 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

アメリカのラスベガスで1日に発生した銃乱射事件は、少なくとも59人の死亡者と500人以上の負傷者を出した。近代アメリカ史上最悪の乱射事件となったが、当局はこの事件を「テロ」とは呼んでいない。「事件当時の容疑者の信念がわかっていない」ラスベ...

Twitterのコメント(20)

浮き足立ってテロと呼べば良いものではないと思っているので、こういう冷静な考え方は参考になる。: @BIJapan
銃社会への恐怖感、暴力を暴力で抑えることはできない。
最大の敵は暴力そのものである。
北朝鮮が絡んでいる可能性犯人の交際相手はヒュンダイに乗り行方不明
テロリズムの定義ねえ。
結局、この事件でまた銃の所持が増えるんだろうな。
そんな国だアメリカってな。
政治的動機があろうがなかろうが一般市民には関係のないこと。安全か危険か、それだけ。政府のゴタクなんてのはクソくらえだ。◆
ラスベガスの銃乱射事件は、なぜ「テロ」と呼ばれないのか(BUSINESS JAPAN)

テロの定義か、小論点でやれそう
あー、それでか。不思議だったんだ。でもテロリズムって言葉はterrorに由来するんでしょ?動機まで定義するのか…
犯人は23丁の銃器をホテルの自室に持ち込み、自宅にも19丁の銃器に大量の銃弾を保有していた。護身の領域を遥かに超えている武装。愚かで馬鹿な社会だ。>>>
テロの定義に必要なのは政治的な犯行の動機。
それがない今回の乱射事件は、防ぎようもないのか / (Business Insider Japan)
政治的又は社会的目的←この為に他人を恐怖で縛るのがテロです。爆弾や銃は手段に過ぎません。
その事件が人々の恐怖(terror)や恐れ、不安を生み出したとしても、テロリズムかどうかを決めるにあたって重要なのは、政治的な動機だ
>「政治的又は社会的目的を促進するべく、 政府、 市民又は階層を威嚇又は強制するため、 人や財産に対し不法に軍事力及び暴力を使用すること」と定義付けている
被疑者の家からは18丁の銃器が発見されている。突発的な犯行か、それとも何者かに提供され、唆された上での犯行か。
三十階から1人で乱射して殺せる銃って怖いですね!
BUSINESS INSIDER


"ある事件を早い段階でテロリズムと認識する事は「法的にも運用的にも大きな影響を招く」可能性がある"

捜査の基本!
「政治的又は社会的目的を促進するべく、 政府、 市民又は階層を威嚇又は強制するため、 人や財産に対し不法に軍事力及び暴力を使用すること」
日本ではどう定義されているのだろうか。→
テロであろうが何であろうが絶対にあってはならない殺戮です
以上

記事本文: ラスベガスの銃乱射事件は、なぜ「テロ」と呼ばれないのか | BUSINESS INSIDER JAPAN

関連記事