親の離婚で子どもが板挟みに-共同親権導入に賛否の声 - Bloomberg

20コメント 2023-01-25 07:53|Bloomberg

北條康雄さんはある日、6歳になる息子が玄関で「妻の方をきょろきょろと見て、どうしたら良いか分からない表情」を浮かべている...

ツイッターのコメント(20)

さも平等チックに書かれてるけど、海外の子や育児を取り巻く福祉制度や日本の自己責任制度とでは訳が違うので、今の日本に共同親権導入しても運用破綻起こしますよ。
読んでみましたけどね。結局「親権の争い」は片親親権だからでしょ。共同親権なら争いにならないんだから。
親権問題は個々のケースをよく検討しないと安易に意見は言えない。片親がヤベー奴だとどうしようもないから。いずれにしろ子どもは辛い立場になる。よく考えて子どもを作って欲しい。


片沼麻里加
2023年1月25日
日本経済新聞もそうだけど、普段は経済問題を扱うメディアが に関する良記事を出してます。連れ去り被害者の苦しみから始まり、日本の法制度の現状と歴史、共同親権を導入する必要性を反対論にも配慮しつつ、多面的に論述している。↓
自身には関係の余地もない話なんですが、今回ある意味東京滞在の目的のひとつだったDV被害者友人との再会、会えなかった彼女の夫、現在の状況に色々と感情移入してしまい泣きそう。
これさあ…親になった事ないから言うのもなんだけど、ある日書き置き残してパートナーに相談もなく子供と実家へ引き上げるの、もうある意味誘拐と変わらないし。
何なら離婚調停中にネガキャンあることないこと子供に吹き込んじゃえば勝手に嫌うし、それはもう洗脳じゃん。
なぜ自分はこんな当たり前のこと(休日に公園で子どもと遊ぶなど)ができないのだろう?

それは
妻が育児家事で忙しいときに
外で遊んでいたり
1人でスマホをいじったりして
妻との育児家事の分担という当たり前のことをしなかったから。
因果応報。
>一方の親が他方の親の同意なしに子どもを連れて出ていくことは珍しくない家庭内暴力(DV=ドメスティックバイオレンス)が疑われる事案などもあることから正当な行為だと見なされることが多い
日本語版
赤石氏は「共同親権を導入したら、子どもと女性にすさまじい影響が及ぶ」恐れがあると指摘。「別居から何年たっても妻への執着を消さない夫に襲われている妻は一生危険と隣り合わせ」になると警鐘を鳴らした。
正にその通り、共同親権導入ならDV防止法改正もセットで

>ただ、多くの専門家は共同親権の導入が親権争いの特効薬になるとは予想していない。紛争の根底には、家庭に潜むあらゆる暴力から個人を保護するシステムの貧弱さや、日本社会にはびこるジェンダー不平等がある。
母親が不倫して離婚なのに何故か親権持っていって子供を盾に慰謝料取る案件とか減るといいですね
>日本の親権は「親権(…重要事項決定権)」と「監護権(身の回りの世話)」の2つに分かれる
>日本はG7で唯一、離婚した夫婦に法律上の共同親権を認めていない

監護者2名の 可能!
それを隠し法制度が悪いと言う 弁護士が諸悪の元凶!
日本の親権制度の現状を的確に捉えた良い記事でした。↓

- Bloomberg
ヤフー記事ではない方のこちら
良好な親子関係を壊したいのが、連れ去り親だからね
作花知志弁護士によると、「片方の親が勝手に子どもを連れ去ってしまい、会わせないと主張した場合、現状の法制度では、子どもを取り戻すことは非常に難しい」という。
神奈川法律事務所の大村珠代弁護士は「面会交流を申し立てても半年や一年以上かかることもある。その間に良好な親子関係が崩れてしまう危険性が高い。別居したらすぐに会える仕組み作りが不可欠だ」と話す。
ブルームバーグまで、木村氏の嘘論(民法確認で分かる)を載せてしまっているのか。
声が大きいと嘘も本当になる実例だな。

日本の親権は、「親権(医療・進学・居住などをめぐる重要事項決定権)」と「監護権(身の回りの世話)」の2つに大きく分かれる。
纏まりがない記事
賛否やっている場合じゃないのよ
以上
 
PR
PR