膨らんだ米国債発行、今後は減少へ-金融当局のテーパリングを相殺 - Bloomberg

7コメント 2021-08-03 07:10 Bloomberg

米財務省の四半期定例入札でこれまで大きく膨らんできた中長期債の規模は、数カ月後の四半期入札では約5年ぶりに縮小する。ウォール街のディーラーがこうした見方を示している。縮小の規模は非常に大きく、今後見込...

ツイッターのコメント(7)

🇺🇸テーパー・タントラム再燃🔥懸念の緩和へ♻️株価にとっては追い風じゃ💞
⚠️来年以降は米国債発行も縮小‼️これは全体の金融市場の資金需要も減少させるので、短期金利の下落圧力となり、引き続き比較的利回りを狙った中長期債の需要は継続。テーパリング後の長期金利の上昇も抑えることに繋がり、株式市場にはプラス要素となる可能性ありです。
ビットコインは(たぶん)インパルスで4波の底にそろそろ、という感じ。5波は大きくなりそうなので抜けたらかなりの利益になりそう。その後は冬の時代なのかな。
ブルームバーグだけじゃないけど日本人向けの記事は短く端折って書いてる。なんだかなあ、という気分。
米国債の発行額減少により、2013年に見られたような「テーパー・タントラム」が再び起きるとの根強い懸念が一層緩和される可能性がある。ここ数カ月の米国債利回り低下は、既にそうした懸念の抑制に。
財務省は4日に、四半期定例入札での中長期債入札の規模を発表
→多くのディーラーは、11月からの規模縮小計画について当局が明らかにすると予想

🇺🇸膨らんだ米国債発行、今後は減少へ-金融当局のテーパリングを相殺[BBG]
テーパータントラムの懸念。10月以降の米国債利回りに注目。様子を見ながらTMVを集中的に買い増しする。まだ早い。
以上
 
PR
PR