TOP > 政治・経済 > コロナ封じ込め優等生の台湾とシンガポールで感染急増、制限強化 - Bloomberg

コロナ封じ込め優等生の台湾とシンガポールで感染急増、制限強化 - Bloomberg

21コメント 2021-05-16 10:28  Bloomberg

新型コロナウイルス感染症(COVID19)封じ込めにこれまで成功してきたシンガポールと台湾で新規感染者が増え、国内・域内で制限措置が強化されたほか、往来も厳しくなりつつある。

ツイッターのコメント(21)

結局フタをして抑えたように見えてもそのフタを永遠に押さえておくことは出来ない、早めにフタをしたからウイルスが漏れなかっただけで、ちょっとでもフタを緩めたらウイルスは漏れ出すってこと。世界的に収束するまでは何をしても同じってことです。
脅威のレベルが低いためにワクチン接種が進まない場合はなおさらだ。ブルームバーグのワクチントラッカーによると、台湾で新型コロナのワクチン接種を受けた人口比率は1%に満たない。
台湾とシンガポールでのコロナ感染増はまずい!!!💦
ワクチン接種始まった途端にこれ。日本も大規模接種が始まるのでまた暫く憂鬱ですね。第5派とか騒ぎ立てるのでしょうか。→
◆Bloomberg 5月16日

…シンガポールの14日発表によると、約1年前のロックダウン同然の措置が16日再導入され、屋内会食は禁止、在宅勤務が基本となった。
「台湾域内での新規感染者が過去最多180人-15日報告」
「ワクチントラッカーによると、台湾で新型コロナのワクチン接種を受けた人口比率は1%に満たない」
コロナ封じ込め優等生って他人事かつ傲慢な表現だよね

皆んなそれぞれ頑張ってる
変異株が手強い
それに尽きる
ブルームバーグのワクチントラッカーによると、台湾で新型コロナのワクチン接種を受けた人口比率は1%に満たない。台湾では15日、新規の域内感染者が過去最多の180人報告され、当局は週末のステイホームを
とどのつまりはワクチン接種をどう迅速に進めるか。シンガポールは大分進んでいるから接種率ととまにイギリスと同様だろう。
優等生国であってもあっという間に広がるということだよね。

封じ込め優等生の台湾とシンガポールで感染急増、制限強化

➡️台湾域内での新規感染者が過去最多180人-15日報告
➡️シンガポールは約1年前のロックダウン措置に逆戻り
「コロナ封じ込め優等生の台湾とシンガポールで感染急増」
台湾やシンガポールでもとなると、やはり、新規陽性者を抑えることより、一喜一憂せず、仮に感染しても治療して治るとのマインドチェンジが重要だとあらためて感じます。
何型が、蔓延してるんだろう。
それでも日本は全国民分のmRNAワクチンを確保できた事になっています。
他のアジア諸国は恐らく無理かもしれません。どうなるのか?
コロナ防疫の優等生国である台湾、シンガポールでも感染者激増。

これは相当危険です。変異株によるものでしょうが、圧倒的に優れた抑制ができていたこれらの国で感染者が激増するなら、ワクチンがなく、五輪までやろうとしている日本では、どれだけ悲惨な状況になるか…
台湾の人口とシステムを考えるとワクチン作戦も並行しても良いかもね。確保が課題かもしれないが。
コロナの感染状況は現在進行形なのでSNSで知ったかぶりをしないのが賢明。50年後くらいにやっと総括かなぁ。
< - Bloomberg>



○つまり鎖国は関係ない、通り抜けるってことだよね。
世界はワクチン一択。本当の封じ込めはなかなか続けられない。

金融機関のビジネスモデルを変えていくことで、最終的にはその先の顧客を幸福にする。それが大原氏の設定するゴールと言えるのかもしれない
シンガポールと台湾はCOVID19抑制で優等生と見られていただけに、こうした現状は感染リスクゼロの環境維持がいかに困難かを物語っている
- ブルームバーグ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR