TOP > 政治・経済 > コロナ患者、感染数カ月後の死亡リスクも高い-長期症状の研究で判明 - Bloomberg

コロナ患者、感染数カ月後の死亡リスクも高い-長期症状の研究で判明 - Bloomberg

16コメント 2021-04-23 06:08  Bloomberg

新型コロナウイルスに感染した患者の多くは、感染後半年間にさまざまな健康上の問題に悩まされるだけでなく、死亡するリスクも著しく高まるー。この疑いは多くの医師が抱いていたが、新型コロナ感染症(COVID1...

ツイッターのコメント(16)

英科学誌ネイチャーに22日掲載されたリポートによると、新型コロナ患者は感染後6カ月以内に死亡する確率が59%高まる。患者1000人当たり約8人死者が増える計算。

インフルエンザに比べ合併症のリスクがはるかに高い。
COVID-19患者は感染後6カ月以内に死亡する確率が59%高まるとの報告
患者1000人当たり約8人死者が増える計算。

急性期の症状が注目されがちですが、長期的な影響も懸念されますね。

いずれにしても感染しないに越したことはない。
後遺症、感染後6ヶ月の死亡増加
新型コロナウイルスに感染した患者の多くは、感染後半年間にさまざまな健康上の問題に悩まされるだけでなく、死亡するリスクも著しく高まるー。この疑いは多くの医師が抱いていたが、新型コロナ感染症(COVID19)の長期症状を大規模に調べた研究で証明された。
感染から回復しても後遺症がある他、死亡率も高まります。
心血管系、腎臓、頸静脈小体etc
予想されていたことではあります。

政府が馬鹿だろうがなんだろうが日本人は真面目です。
皆さん本当に引きこもりましょう。
「新型コロナ患者は感染後6カ月以内に死亡する確率が59%高まる。患者1000人当たり約8人死者が増える計算」
「症状がいったん治まっても多くの患者が再入院を余儀なくされ、一部は死亡するという認識」
新型コロナ「感染後半年間にさまざまな健康上の問題に悩まされるだけでなく、死亡するリスクも著しく高まる。英科学誌ネイチャーに22日掲載されたリポートによると、新型コロナ患者は感染後6カ月以内に死亡する確率が59%高まる。患者1000人当たり約8人死者が増える計算。」
感染後の数カ月にわたって患者を苦しめる症状が次々と起きていることを報告。この症状には血栓症、脳卒中、糖尿病、呼吸不全、心臓や肝臓、腎臓の障害、うつや不安、記憶の喪失などがあるという。
風邪とは違う、感染しないに越した事はないよな:
「アルアリ氏らは感染後の数カ月にわたって患者を苦しめる症状が次々と起きていることを報告。この症状には血栓症、脳卒中、糖尿病、呼吸不全、心臓や肝臓、腎臓の障害、うつや不安、記憶…
あぁ、そうかーやっぱりかぁ…。
そんな感じのこと前から言われてたもんねぇ…。
かかっても治るから良いやじゃないんよな。
健康でいたいなぁ。
これで年齢を言わないヤツは信用できない。
新型

感染後6カ月以内に死亡する確率が59%高まる。患者1000人当たり約8人死者が増える計算。症状がいったん治まっても多くの患者が再入院を余儀なくされ、一部は死亡するという認識が広がりつつあった。
「新型コロナウイルスに感染した患者の多くは、感染後半年間にさまざまな健康上の問題に悩まされるだけでなく、死亡するリスクも著しく高まる」
感染して急性期を過ぎても半年間は下記のリスクが上がる
 ↓
『血栓症、脳卒中、糖尿病、呼吸不全、心臓や肝臓、腎臓の障害、うつや不安、記憶の喪失など』
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR