TOP > 政治・経済 > 自工会豊田会長、ガソリン車禁止は選択肢狭める-再び政府に苦言 - Bloomberg

自工会豊田会長、ガソリン車禁止は選択肢狭める-再び政府に苦言 - Bloomberg

11コメント 2021-04-22 18:17  Bloomberg

日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、温室効果ガス排出量の実質ゼロ(カーボンニュートラル)目標の達成には既存の車両への対応なども必要だとし、菅義偉政権が打ち出したガソリン車の新車販売禁...

ツイッターのコメント(11)

ごもっとも。原発推進を更にやりやすくなのでしょうね。老害には未来なんてないし。
章男さんのお怒りごもっとも、、、別のところでカローラ云々書いたけど、自分は次もトヨタ買います、トヨタしか買いません。べつに何のしがらみも無いけどね
ホントにねー、過疎とかが比較的身近にある土地の政治家とか議員さんは、この問題をもっと一緒に考えて取り組んだ方がいいと思う。
対応できずに物流とか止まる土地とか出てくるのでは?とか思っちゃうよ。
社名を,「トヨタ自動車(株)」から「豊田ガソリン自動車ときどき水素(株)」にすれば解決。
数年で淘汰される会社になるかも。
こだわりやなー。
化石燃料活用したとして、いつまでやるの?
2030年半ばにはガソリン車廃止。必死こいてHVを食い込ませたとしても、EVが席巻してしまえば、馬と自動車くらいの格差を埋められない
豊田さん、言ってる事は正論なんだけど…このままだと世界のEV競争に敗北するよ?

- Bloomberg
「ある内燃機関だけに軸足を置いた規制や法律で出口のところで既存技術を制約して幅を狭めることではなくて、カーボンニュートラルへのあらゆる道、あらゆる選択肢を広げていくことが先ではないか」
e-fuel自体は実現できれば既存の内燃機関車の延命にはつながるのでしょうけど、電動化も進むと燃料補給という需要も減るわけで。その中で安価な燃料補給が成立するかは微妙ですね。高級車のみ内燃機関+e-fuel構成、大衆車はEVという線もあるのかもしれません
私はもう10年前からEVに乗っているが、ガソリン車が禁止となるとGSが経営的に無くなっていく
EVでもGSは必要で、特に空気圧チェックやパンク処理、洗車に使う
コンビニがこの役割を担えるか?
「日本におけるハイブリッド車など電動車の割合は新車販売で35%と普及が進む半面、保有ベースでは1割にも満たないと説明。保有期間が長期化する中、保有車に対しても「何かしらの手を打たない限り、国としてのカーボンニュートラルは達成できない」と述べた」。これ本当に。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR