TOP > 政治・経済 > 株の空売りが記録的低水準、ヘッジファンドは致命的打撃もうこりごり - Bloomberg

株の空売りが記録的低水準、ヘッジファンドは致命的打撃もうこりごり - Bloomberg

14コメント 2021-04-20 10:34  Bloomberg

オンライン掲示板「レディット」に群がる個人投資家から大打撃を今年に入って受けたウォール街の弱気派は、株価が過去最高値を更新しバリュエーションが20年ぶりの高水準付近にあるにもかかわらず、積極的な姿勢を...

ツイッターのコメント(14)

需給バランスが崩れますね。ショートもあるのが健全な相場
株の空売り記録的低水準なんだ…かなり以外
そりゃお金じゃぶじゃぶで空売りしてないなら上がるだけやな…
出来高が少ないらしいのもそのせいなのかな
すげー!バブルだ!!
通貨の価値が低下してるとも言う
でもやっと株価下がってきたから大口もそろそろショート入れてくるんじゃない😅?ビットコインもたぶん個人のロング入れてる人を焼いてからまた上目指すだろうし😅
当然。空売り自体が異常な仕組みです_φ(・_・

ヘッジファンドは「打たれ弱い株式」じゃなくて「打たれ強い通貨」に仕掛けろ
ほほぉ~😎
これは面白いなぁ~🤭

株の空売りが記録的低水準、
ヘッジファンドは致命的打撃もうこりごり

✅S&P500種銘柄のショートは時価総額の1.6%-17年ぶり低水準付近
✅「全体を高揚感が覆っている」とアルファ・セオリーのダン氏
🇺🇸お陰様🤑で順張りロングで👍
「SP500構成銘柄の空売ポジションは時価総額の1.6%と17年ぶりの低水準」「ヘッジファンドのロングが数年ぶりの高水準」
この二つの事実から導かれる結論は足もとの株式市場は上昇時より下落時の方が値幅が出やすいということ。さらにこうした傾向は日本の方が強い。
ヘッジファンドがずっと空売り仕掛けて荒稼ぎしていたのを個人投資家たちが結束して踏み上げてきた成果

アメリカの個人投資家たちの結束の強さ、尊敬する
「ショートで致命的な痛手を受けることをもはや誰も望んでいない」

ロングでやられただけだからヨシ!
(記事より)
●機関投資家やヘッジファンドなどのスマートマネーには割高な銘柄などに空売りを仕掛ける意欲はほとんどない
●「全体を高揚感が覆っている」
●「ショートで致命的な痛手を受けることをもはや誰も望んでいない」
これ以上買い手はいない。
天井。
強烈リバースかもんw
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR