TOP > 政治・経済 > 中国、香港国家安全法制を可決-黄之鋒氏や周庭氏が民主団体離脱へ - Bloomberg

中国、香港国家安全法制を可決-黄之鋒氏や周庭氏が民主団体離脱へ - Bloomberg

32コメント 2020-06-30 14:11 | Bloombergキャッシュ

中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は30日、香港国家安全法制の柱となる「香港国家安全維持法」草案を全会一致で可決した。中国への香港返還記念日である7月1日までの施行が見込まれている。民主活動家、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏はフェイスブックで、自ら創設に関わった政治団体「香港衆志(デモシスト)」からの離脱を表明した。...

ツイッターのコメント(32)

(Natalie Lung、Iain Marlow) 【ブルームバーグ】
温和な住民運動を乗っ取った黒シャツ革命ごっこ終了。解散離脱で済むのか?
地下に潜るんだろうな。安全法制できたからといってすぐに活動辞めるなんて考え難いし
そーなるわな~。そーしな捕まって消されちゃうかも知らんもんな( ;∀;)
この10年の動きが加速している部分もあるので、何とも言えない。
悪い意味で歴史的な日になりましたね。
「黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏は30日、フェイスブックで、自ら創設に関わった政治団体「香港衆志(デモシスト)」からの離脱を表明。同団体も、解散し同日から全ての活動を停止すると発表した」(Natalie Lung, Iain Marlow / Bloomberg)
十三段目まで「あと何歩?」(´∀`;)
サヨナラ、香港。香港は上海租界から引き継いだ金融ハブをはじめ、色々なものを失うのだろう。
黄之鋒氏、周庭氏も団体から撤退。後は天が中共に鉄槌を喰らわすでしょう。もう始まっていますが。コロナの北京での拡大、大雨、ダムの決壊、家畜の疫病の蔓延、バッタ、飢饉、先進国からの断絶、紛争、経済崩壊…
やっぱり、香港終了のお知らせが…
鎖国すると逆に世界が動くのな…
香港、どうなってしまうのでしょう。心配です。

“中国国営新華社通信が30日午後に香港国家安全維持法の詳細を公表し、初めて同法が公に全面開示される見通し”

黄之鋒さんも周庭さんも、政治団体「香港衆志(デモシスト)」からの離脱。団体自体も解散し全ての活動を停止。
無念だろうね。
移住先の国を早めに探して、第二の人生を歩んでほしい。
「 - Bloomberg」
日本政府は中国共産党に対して制裁を。日中友好の幻想を捨て、中国共産党は敵であるという認識と覚悟を。香港人の無事を願います。
ついに決まっちゃったか
>香港政府は30日に「香港国家安全法」を公布する見通しだと、地元紙の明報が情報源を示さずに報じた。
全人代常務委が国家安全法を全会一致で可決-7月1日までに施行へ

中国への引き渡しもあり得る中で責任担うには勇気が必要-黄氏


2020年6月30日 13:57 JST
とうとう逃げたか。
どういう経緯であれ,法律できれば,取り締まりが始まり,政治的には負け。お二人は台湾や日本に亡命したほうがいい。もちろん命を懸けてもは政治的にはありえるが,賭けだし,強制はできない:
最後の決断?民主派が居なくなってしまう。
当たり前のことだが、身捨つるほどの祖国はありや、だ。こうなってはもはや祖国とも言えまい。

- Bloomberg
さようなら香港、こんにちは東京。香港への投資が東京に流れてくれるかもしれないことが唯一の希望、気軽に?旅行に行けなくなるのは悲しいね。
香港国家安全法が制定されたら、活動を止めざるを得ないだろうね。
ウィグルやチベットでの危険(拷問・レイプ・強制不妊)が自分に降りかかるのだから。
全人代常務委が国家安全法を全会一致で可決-7月1日までに施行へ
中国への引き渡しもあり得る中で責任担うには勇気が必要-黄氏
- ブルームバーグ
香港国家安全法は本日午後に初めて全貌が明らかになる。まぁトランプは習近平にすりよってるってボルトンは言ってたから、みんな興味ないんでしょ?
香港が死んだ。
東京・シンガポールと並ぶアジアの経済市場が死んだ。

- ブルームバーグ
何、逮捕されてもイギリス人裁判官がすぐ保釈させてくれて無リスクだった時代はあんなに武勇無双だったのにもう責任から逃げるの?
毛沢東も言っていたように革命は合コンじゃねーぞ。やはり覚悟のないガキが政治を語るなど50年早いな
以上
 

いま話題のニュース

PR