TOP > 政治・経済 > ロックダウンは狂気の沙汰、「世界は狂った」-スウェーデン疫学者 - Bloomberg

ロックダウンは狂気の沙汰、「世界は狂った」-スウェーデン疫学者 - Bloomberg

49コメント 2020-06-25 03:44  Bloomberg

スウェーデン政府の新型コロナウイルス対策を指揮してきた疫学者アンデシュ・テグネル氏は、世界の大半の地域が採用したロックダウン(都市封鎖)について、感染拡大への対応として知られる措置とは関係のない「狂気...

ツイッターのコメント(49)

ホント狂ってます。
海外はまだわかるけど日本は特に狂気の沙汰!自粛で海外のプチマネ?
要するに新型コロナって異常な潔癖症という「うつ病」だよね? 他人の人生はどうなっても自分だけはかかりたくないって人の特効薬はデパスみたいな向精神薬なんじゃないの? #東京75人
なるほどなあ、、、これでわかった
まあ狂気の沙汰だとは思うよ
コロナの死者が減るのなら、ロックダウンやソーシャルディスタンスでその何十倍、何百倍もの人が経済的、精神的要因で死んでもいいみたいな論調が蔓延する狂った世界。
一昨日のスウェーデン疫学者のニュース。未だロックダウンを否定しています。

しかし、新型コロナウイルスは徐々に弱毒化している可能性が示されています。初期の強毒の時期(治療も手探りの時期)に封じ込めに失敗したら、ロックダウンしたほうがいいと思います。
スウェーデンはロックダウンをしなかったからコロナ対策に失敗したって騒いでますが同じヨーロッパのイギリスやイタリアより死亡率が少ないのをどう説明するのですか?
スウェーデン政府の新型コロナウイルス対策を指揮してきた疫学者アンデシュ・テグネル氏は、世界の大半の地域が採用したロックダウン(都市封鎖)について、感染拡大への対応として知られる措置とは関係のない「狂気」の沙汰だと主張した。
→この疫学者こそが狂気だ!
スウェーデンは、こんな人が陣頭指揮とってんのか
@morningshow_tv 独自路線をどう捉えるか?
間違い無く孤立する
ロックダウンは狂気の沙汰、スウェーデンの疫学者
「ロックダウンを否定するテグネル氏の戦略は物議を醸している。同氏は初期段階で新型コロナの危険性を見誤ったことは認めているものの、戦略転換の検討は拒み、世界の大半の地域で見られている極端な移動制限は家庭内暴力や孤独、大量の失業者発生など他の問題を生む…」|
《ただ、ジョンズ・ホプキンス大学のデータによると、スウェーデンは新型コロナウイルス感染症(COVID19)の死亡率が世界有数の高さで、人口10万人当たりの死者数は米国よりも多い。》

@business
今となってはどっちが狂っとんねんと問えば、アンタがたやろうね、ワクチンも何もないのに放置で免疫得ようとか(蔑)…
なんか大失敗の政策を指導した本人からしたら、そう思うのかもしれないね。自国の死者には無責任としか言いようがない。
確かに。ただロックダウンしただけじゃ感染拡大は防げなかった。正しい知識の拡散と市中防疫と検査を徹底しなければ効果は薄いようだ。
「ロックダウンを否定するテグネル氏の戦略は物議を醸している。同氏は初期段階で新型コロナの危険性を見誤ったことは認めているものの戦略転換の検討は拒み、大半の地域で見られている極端な移動制限は家庭内暴力や大量の失業者発生など他の問題を生む恐れがあると指摘した」

“死亡率が世界有数の高さで、人口10万人当たりの死者数は米国よりも多い。”
集団免疫獲得政策の結果
死者が多いわりに抗体7.3%
集団免疫には遠く及ばない
えっと・・・
スウェーデン政府の新型コロナウイルス対策を指揮してきた疫学者アンデシュ・テグネル氏は、世界の大半の地域が採用したロックダウン(都市封鎖)について、感染拡大への対応として知られる措置とは関係のない「狂気」の沙汰だと主張した。
スウェーデンにしろ、ブラジルにしろ、反ロックダウン国家は感染拡大してるからなあ。自分が狂っていたとは絶対認められないだろうけど。
#新型コロナ
まさかこんなので、世界恐慌の兆しとかって話になるとは誰も思わんわな。
出羽守界隈ではスウェーデン株ストップ安とかなってないの?
記事の内容は狂ってなかった
ロックダウンを否定するテグネル氏は初期段階で新型コロナの危険性を見誤ったことは認めているものの、戦略転換の検討は拒み、世界の大半の地域で見られている極端な移動制限は家庭内暴力や孤独、大量の失業者発生など他の問題を生む恐れがあると指摘した。
コロナショックは人災だよ。
アタシもそう思うね。ロックダウンにそんなに意味があるなら、スウェーデンより成績悪い国は説明つく?
それにブラジルとペルーに差がない事も説明つく?
誤りは謝らないとな。
失敗を認められない人。
"ただ…スウェーデンは 感染症の死亡率が世界有数の高さで、人口10万人当たりの死者数は米国よりも多い。スウェーデン人は政府の新型コロナ対応に対する信頼を失いつつあることも、世論調査で明らかになっている"
効果が疑問視されてるにも拘らず、明らかに人権侵害なロックダウンを肯定する人が多いのが異常

日本で「自粛警察」って言葉が生まれたように、水面下では分かってる人もいるだろう

他国でスウェーデンの政策を批判する人も多いが、要は自分が間違ってたのを認めたくないだけ
狂気の沙汰はスウェーデンだと思うけどな(・ω・)
スウェーデンといえばTCOなどで電磁波漏洩で厳しい基準を設けた国だが、感染症に関しては南米の国のようなおおらかさだね。訳が分からん
過ちを改められない人に、舵取りを委ねるのは危険ということ。隣国のノルウェーやフィンランドは10分の1。結果が出ていないし、集団免疫の有効性も判明していない。
疫学者アンデシュ・テグネル氏は、世界の大半の地域が採用したロックダウン(都市封鎖)について、感染拡大への対応として知られる措置とは関係のない「狂気」の沙汰だと主張した。
ロックダウンのコストが高い。経済的圧迫で自殺する人が病死より多くなるリスクを忘れてはいけない。
#香港デモ
正当化ですかね… /
スウェーデンの夏の風物詩の一つ。時の有名人のスウェーデンラジオでの語り。言葉の挙げ足を取られた。本当に悪意のある訳。テグネル氏、これは可哀想。
人口10万人当たりの死者数は米国よりも多い。スウェーデン人は同国政府の新型コロナ対応に対する信頼を失いつつあることも、世論調査で明らかになっている。
狂気の沙汰はこのアンデシュ・テグネルなる疫学者とそれを信じるスウェーデン政権。
無論国民がそれでいいのなら問題ないが。それもまた狂っているが。
その通り

スウェーデン疫学者「ロックダウンは狂気の沙汰。世界が狂ってしまった」
これがスウェーデン流おまいうか

テグネル氏はラジオ番組で、
「まるで世界が狂ってしまったかのようで、それまで話し合われていたこと全てが忘れられた」と発言。
「感染者数があまりに増え、政治的な圧力が極めて強くなった。そしてスウェーデンだけが残った」と続けた。
あれ?スウェーデンって人死にまくってなかった?( ´⚰︎` )
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR