TOP > 政治・経済 > サウジアラビア、さらなる原油減産の用意ある-必要に応じて - Bloomberg

サウジアラビア、さらなる原油減産の用意ある-必要に応じて - Bloomberg

13コメント 2020-04-14 01:03  Bloomberg

サウジアラビアは石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」が6月に再び協議する際に、必要ならば一段と原油生産を削減する用意があると、同国のアブドルアジズ・エネルギ...

ツイッターのコメント(13)

必要があればさらなる減産の可能性もあるとサウジアラビアが強気な態度。
まずは今回の合意による減産の効果を見極めたいね
口先介入か、本気でやる気があるのか/
[関連]
🛢️原油先物まちまち、OPECプラス減産合意は需要懸念払拭できず[ロイター]
🇺🇸米ベーカー・ヒューズ、1.6兆円減損 原油下落で[日経]

🇸🇦
10億ドル石油会社の株買ったし、タンカーに備蓄もしまくってるもんね。

- Bloomberg
サウジアラビアまだ原油調整
する用意あり
公式なスポークスマンが言ったのは
影響ありますね
⬇️
世界最大の産油国
必要ならば一段と原油生産を削減する用意があると、同国のアブドルアジズ・エネルギー相が述べた。
サウジアラビア
アブドルアジズ・エネルギー相

「柔軟性と実用主義により、われわれは必要に応じて引き続き追加行動を取ることが可能だ」

「需要崩壊あるいは需要改善を巡り何が起きているのか、見守る必要がある」

状況の変化次第だと発言
サウジアラビアはOPEC加盟国と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」が6月に再び協議する際に、必要ならば一段と原油生産を削減する用意があると、同国のアブドルアジズ・エネルギー相が述べた。
おはようございます。
「柔軟性と実用主義により、われわれは必要に応じて引き続き追加行動を取ることが可能だ」と発言
サウジアラビアはOPEC加盟国と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」が㋅に再び協議する際に、必要ならば一段と原油生産を削減する用意があると、同国のアブドルアジズ・エネルギー相が述べた
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR