TOP > 政治・経済 > 米半導体企業の同業買収に中国横やり、中国資産の除外要請も-関係者 - Bloomberg

米半導体企業の同業買収に中国横やり、中国資産の除外要請も-関係者 - Bloomberg

10コメント 2019-11-20 02:41 | Bloombergキャッシュ

米国の半導体メーカーによる競合企業の買収案が、中国政府の懸念を呼んでいる。この買収先企業が中国に持つ関連会社に価値があるためで、米中間の緊張が世界の半導体サプライチェーンを脅かしかねない状況を浮き彫りにした。...

ツイッターのコメント(10)

自力再建出来ない日本が米国から見ればリスクの可能性も?
一方…
: 米国の半導体メーカーによる競合企業の買収案が、中国政府の懸念を呼んでいる。
半導体企業の同業買収に中国横やり
他国の買収には横やりを入れまくる中国、、、
•米ダイオーズの台湾企業買収、傘下の中国企業巡り当局が異例の懸念
•中国独禁当局が綿密な情報収集、複数の業界団体が買収阻止を訴え
.⁦@daitojimari
「米中間の緊張が世界の半導体サプライチェーンを脅かしかねない状況を浮き彫りに」--貿易交渉は米中覇権争いの「ほんの一部」と心得たい--
米国の半導体メーカーによる競合企業の買収案が、中国政府の懸念を呼んでいる。この買収先企業が中国に持つ関連会社に価値があるためで、米中間の緊張が世界の半導体サプライチェーンを脅かしかねない状況を浮き彫りにした。
ライトン・セミ傘下で上海を拠点とする昂宝電子が米企業の手に渡るとの指摘を受け、中国の独禁当局である国家市場監督管理総局(SAMR)は綿密な情報収集に乗り出したという
/米半導体企業の同業買収に中国横やり、中国資産の除外要請も-関係者
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR