ペンス米副大統領、香港問題巡り対中批判-中国は反論 - Bloomberg

10コメント 2019-10-25 05:25 Bloomberg

ペンス米副大統領は24日の演説で、香港での民主化デモ参加者に対する中国の行動を批判した。同時に、米中両国が関わり合いを強めることが必要との認識も示した。

ツイッターのコメント(10)

ペンス氏は今度の演説で、香港デモについて、中国を批判し、デモ参加者への支持を表明した。

ここで私が注目するのは、ペンスは、「中国当局」「中国共産党」と言うが、習近平政権に対抗している勢力が存在しているようなことは全く言わないことだ。

江沢民派とか。
またプロレスしてる… /ペンス米副大統領、香港問題巡り対中批判-中国は反論
ペンス米副大統領が、香港問題で『中国当局は香港への介入を強め、香港の人々の権利と自由を抑圧する行動をとってきた』と痛烈に批判している。そして、抗議デモを行う人たちに『我々はあなた方を支持する』と明確に述べた。日本政府も香港支持を強く打ち出して欲しい。
ペンス米副大統領、香港問題巡り中国批判-両国の関わり強化訴え -
結局アメリカの工作だったんだね、さすが凄い。
香港問題に触れたのが、週末前のこのタイミングというのも注目かな、と。さて、中国はどうでるか。--
米中は通商交渉の「第1段階」で原則合意するなど歩み寄りを模索しており、ペンス氏はこうした状況を踏まえ、演説でどの程度踏み込んで中国を批判するかについて慎重にバランスを取った。
以上
 
PR
PR