TOP > 国際 > ロシアがシリアで影響力拡大、米軍撤退の空白埋める-国境付近で監視 - Bloomberg

ロシアがシリアで影響力拡大、米軍撤退の空白埋める-国境付近で監視 - Bloomberg

11コメント 2019-10-16 12:29 | Bloombergキャッシュ

米国が見捨てたクルド人武装勢力を駆逐しようとシリアに侵攻したトルコ軍は、ロシアのプーチン大統領の策略にはまり、中東における戦略的な勝利を同大統領に手渡してしまったかもしれない。...

ツイッターのコメント(11)

中東情勢で1番の勝利者はロシア 

いかにプーチン大統領が切れ者かわかる記事 

日本は絶対にロシアにケンカを売るな
流石プーヤンはしたたかだなw
シェール革命により米国にとっての中東の重要性は薄れた。ロシアが中東の平和のコストを負担してくれるのは米国にとってマイナスでもなく、、、
結局アメリカロシアの陣取り合戦か…
第一次とか思い出してもそうだけど、ロシアの参加や擁護て絶妙だなあと思う。それがまああれなんだけどね。
これは個人的に驚き。
中露に中東は牛耳られちゃうかも
地図が綺麗。ロシアはアフリーンやイドリブから反政府組織がシリア北東部のトルコ軍へ合流するルートを、まず遮断しようとした可能性。
アメリカの興味が薄れたシリアを、確実に抑えるロシア。
中東での影響力増し増しっすな、やっぱり不凍港欲しいのね
ロシアがシリアで影響力拡大だって。

特定野党もメディアも、国際社会は経済力と軍事力の2つだってことをいい加減に認めなさい。
経済力だけじゃ圧力をかけられ、国際社会では不利なんだよ。
抑止力としての軍事があって、初めて経済や文化で影響力を持てる。
子供だなぁ。
いまいちよく分かんなかった中東情勢がわかった気がする。
クルド人勢力圏までが、アメリカからロシアの影響下に入った。エゼキエル38章にますます近づく。RE
以上
 

いま話題のニュース

PR