TOP > 政治・経済 > トランプ大統領、米中の部分合意を発表-貿易協定「第一段階」 - Bloomberg

トランプ大統領、米中の部分合意を発表-貿易協定「第一段階」 - Bloomberg

23コメント 2019-10-12 06:50  Bloomberg

トランプ米大統領は11日、米中が貿易戦争の休戦につながる合意の「第一段階」に達したと発表した。

ツイッターのコメント(23)

これで今晩のナスダウは上げ方向に向かうはずだったのに方向感が見えなくなった
米中部分的合意
来月にも署名へ
改めてだけど、チリでのAPEC首脳会談11/16,17までに、12/15発動予定の追加関税第4弾を種に、もうひと騒動ということか。
10月12日

閣僚級協議で、貿易戦争の休戦につながる「第1段階」といえる部分的な枠組みで合意に
『米中貿易協議が部分合意、15日関税上乗せ先送り-来月署名目指す』

>>中国は合意の一環として、米国産農産品の購入を大きく増やし、知的財産権を巡る一定の措置、金融サービスと為替に関する譲歩に同意するとトランプ大統領が11日にホワイトハウスで明らかにした
部分合意、米中貿易交渉。トランプ大統領。
大統領選を1年後に控えているために強硬な姿勢を取り続ける=合意に至らないと思っていたところをまさかのサプライズ。
米中貿易協議、部分合意だそうで。金曜日のマーケットはお祭りでした。来週どうなるかなー。 月は上昇、水は利益確定売先行、火・木・金はブレクジット問題次第。
。米国産農産品の購入を大きく増やし、知的財産権を巡る一定の措置、金融サービスと為替に関する譲歩に同意するとトランプ大統領が11日にホワイトハウスで明らかにした。
: トランプ米大統領は11日、米中が貿易戦争の休戦につながる合意の「第一段階」に達したと発表。合意の一環として、中国は一部の農産物に関して譲歩したという。合意の文書化は3週間から5週間を要する見通し。
関税がどうなるか知りたい。合意内容は大したこと無し。関税引き上げ延期ならばFRBは追い付けそう(そのままでも何とか?)。ECBは分かりません、、、
農産物を買えばトランプ大統領の強硬姿勢が軟化すると明確になった。米国の譲歩だ。株式投資の観点からは好ましい。⇒
これで年末から来年にかけての強気予想をまだ撤回しなくてもよくなった。
この所投資はほったらかしだったから、いつでも動けるように準備。
まずちょっと多めににROKUに投資。
おー、合意したか進展して良かった。
取り敢えずホッと一息。
合意はまだ文書化されておらず、それには3週間から5週間を要する見通し。
「中国は一部の農産物に関して譲歩…合意はまだ文書化されておらず」
「米政府:目指すのは、知的財産の侵害や強制的な技術移転、国内産業の助成に対する不満の解決が中心」
…進んでいるようで進んでいない感
まだ、合意文書が作成されてない?( ̄▽ ̄;)仮初め合意?
部分合意は一部の短期的な問題を解決する可能性がある一方、難しい問題は残る。米政府が目指すのは、知的財産の侵害や強制的な技術移転、国内産業の助成に対する不満の解決が中心となっている
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR