TOP > 政治・経済 > 米為替報告書、中国の為替操作国認定見送り-日本の監視継続 - Bloomberg

米為替報告書、中国の為替操作国認定見送り-日本の監視継続 - Bloomberg

10コメント 登録日時:2019-05-29 07:30 | Bloomberg(ブルームバーグ)キャッシュ

米財務省は28日に公表した半期に一度の為替報告書で、中国の為替操作国認定を見送った。トランプ大統領の選挙公約は今回も果たされなかったが、米中貿易戦争の激化は避けられる見込みだ。...

Twitterのコメント(10)

まあ、平常運転じゃないかな?
日本、ドイツ、イタリア、韓国なども監視国に入っているあたり、通貨防衛自体は国家の当然の権利と見なされそうよね。まあ、実際に無防備で有ることなんてありえないと思うんだけど
切り札温存の可能性も。
現在1ドル=6.91人民元

元安進行中
1ドル=7.2人民元までいくと資本の流出が止まらなくなる
だが当局は通貨支援を積極的に行わないという報道も出ているが
素人的には輸出が苦しいのだから
元高に持っていく理由も薄いのではと思う

中国の為替操作国認定は一旦見送りらしい
米為替報告書、中国の為替操作国認定見送り-日本の監視継続

警戒が必要な「監視対象国」に新たにアイルランドとイタリア、ベトナム、シンガポール、マレーシアを追加。中国、日本、韓国、ドイツが引き続き監視対象国に指定
米財務省、中国を為替操作国と認定せず-貿易戦争の中で
🇺🇸為替報告書公表「日中など9カ国の為替監視」対象拡大⭐️

監視リスト
日本、中国、ドイツ、韓国 の4カ国

新たに
イタリア、アイルランド、シンガポール、マレーシア、ベトナム
が加わった。

※通常4月中旬と10月中旬の年2回公表
今回は発表時期が1カ月以上も後ずれした。
スイスは中銀が通貨安誘導を明言してるが
"新たにアイルランドとイタリア、ベトナム、シンガポール、マレーシアを追加。中国、日本、韓国、ドイツが引き続き指定された一方、インドとスイスは除外"

米財務省、中国を為替操作国と認定せず-貿易戦争の中で
「経常黒字を巡る基準が国内総生産(GDP)比3%から2%に引き下げられた」 日本はどっちにしてもツーアウト。影響を受けたのは、イタリアとマレーシア。 >米財務省、中国を為替操作国と認定せず-貿易戦争の中で
ラブコール(笑)/米財務省:中国を為替操作国と認定せず-貿易戦争の中で - Bloomberg
以上

記事本文: 米為替報告書、中国の為替操作国認定見送り-日本の監視継続 - Bloomberg

関連記事