TOP > 政治・経済 > 習主席が警鐘、中国共産党は「深刻な危機」に直面-景気減速を懸念か - Bloomberg

習主席が警鐘、中国共産党は「深刻な危機」に直面-景気減速を懸念か - Bloomberg

27コメント 登録日時:2019-01-22 05:37 | Bloomberg(ブルームバーグ)キャッシュ

中国の習近平国家主席は同国指導部との異例の会談で、政治的安定を維持する必要性を強調した。景気減速の社会的な影響について共産党が懸念を強めている兆候が再び表れた。...

Twitterのコメント(27)

- 政治安定の確保に向け取り組み強化の必要性訴え
- 習主席は地方政府幹部や閣僚らと異例の会合開催
新華社によると、習主席は「長期的統治の維持や、改革・開放、市場主導の経済、外部環境という点で、共産党は長期的かつ複雑な試練に直面している」と発言。共産党は精神の緩みや能力の欠如、国民との距離、受動的で腐敗しているといった急激かつ深刻な危機に直面している。
せっかくの改革開放の路線から 真逆に折り返してしまったら、当然 そうなるよね。

@business
>今回の会合は部外者の入場が禁じられ、主席の発言全文は今のところ公開されていない
「共産党は精神の緩みや能力の欠如、国民との距離、受動的で腐敗しているといった急激かつ深刻な危機に直面している。これは実際の状況に基づいた総合的な判断だ」と話した。
中国共産党に深刻な危機!
どうした?習近平
人類史上最も陰湿な中国共産党大丈夫か😊→
今週の日曜日に中国経済を分析しましたがかなり時宜を得たものだったような気がして来ました。異例の階段だそうです。ということは何かあるかと。
だって全世界ソビエト崩壊するわけでしょ
優秀な指導者は自分のことを分かっている。どっかの無能な指導者は自分のことがよくわかってない。
これまた素敵なニュースです!悪がはびこる支那大陸にもソロソロ終焉か… ウィグル人、チベット人、満州人、内モンゴル人、もう少しの辛抱です…。
プーさんもいよいよ危機に戸惑う 中国もいよいよ最終章か 盛大な崩壊が始まる 米国のトランプが5年中國の対する認識が遅れたら 米国は完敗だった かろうじて勝利につながるか
「長期的統治」に対する「深刻な」脅威という言い回しは、これまで登場したことがなかった★
韓国どうでもいいから💧日本政府と米国に任せておけばいいから。

中国だから。図体大きくて、どうにかしないと東アジアに平和と安定が来ないでしょ。

「しっかりやらんかーい!」とエールを送って(>_<)❗
Chinaの発展は
①先進国からの継続的な技術移転(パクリ含む)
②安価な労働力で海外から工場誘致
③一党独裁による即断即決(その為に民族弾圧も)
④為替操作+株価操作+経済指標操作による利益誘導
に支えられてきた。その全てが限界に達しつつある。
へいへいへい、中共ビビってる。
"習近平国家主席は同国指導部との異例の会談で、政治的安定を維持する必要性を強調した。景気減速の社会的な影響について共産党が懸念を強めている兆候が再び表れた。"
経済の発展で人民の不満を抑えてきた共産政権は経済失速を一番恐れ人民の不満が政権に向けられる事を極端に警戒しています。
しかし経済成長は永遠に続く事はあり得ず中国の舵取りは難しい状況に入りこんだ様です。
「深刻な危機」だと……2018年2月の習近平氏の発言以降、この様な危機との表現は無かったと‼️……ウ~ム❓
←香港での不動産関連会社の株価暴落は炭鉱のカナリアかも。
同主席は2018年2月を含め、これまでも同様の警告を発してきたが、この日の発言には緊急性が高まったことを示す文言が盛り込まれた。党の「長期的統治」に対する「深刻な」脅威という言い回しは、これまで登場したことがなかった
そろそろほんとうに中国も危ない。
中国共産党解体も現実化?
「共産党は精神の緩みや能力の欠如、国民との距離、受動的で腐敗しているといった急激かつ深刻な危機に直面している。これは実際の状況に基づいた総合的な判断だ」って、国内の政情不安を示唆しとるんかな??
党の「長期的統治」に対する「深刻な」脅威という言い回しは、これまで登場したことがなかった。
共産党が裸の王様であることに皆気付いている。ハッタリの権威主義はもう通用しない。→“習主席は…「共産党は精神の緩みや能力の欠如、国民との距離、受動的で腐敗しているといった急激かつ深刻な危機に直面している。これは実際の状況に基づいた総合的な判断だ」と話した。”
習近平主席が中国共産党の「長期的統治」に対する「深刻な」脅威と言い回しは「初」の事!

昨年2期10年の任期を撤廃した習近平主席が狙うの永久主席なんだろうから。深刻な問題なんだろうなあ
以上

記事本文: 習主席が警鐘、中国共産党は「深刻な危機」に直面-景気減速を懸念か - Bloomberg

関連記事