TOP > 政治・経済 > 独ヘッセン州議会選:連立与党がまたも大敗、メルケル首相に痛手 - Bloomberg

独ヘッセン州議会選:連立与党がまたも大敗、メルケル首相に痛手 - Bloomberg

22コメント 2018-10-29 04:54  Bloomberg

28日の独ヘッセン州議会選挙でメルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)と、国政での連立与党・社会民主党(SPD)が共に大敗した。メルケル首相の4期目の政権の不安定さが浮き彫りになった。

ツイッターのコメント(22)

ドイツの選挙結果について「極右が伸びた!大変だ!」ってメディアが煽ってるけど、左派の緑の党もすげー伸びて第3党になってる。なんでそういうとこ指摘しないの?「世界は不寛容だ」っていうフィルターかけすぎ。事実をありのまま見るとこからスタートすべきでは。
ドイツ、極右政党(AfD)の伸びが凄いな、9.1%アップって
なるほど、この結果を受けてのことか。
独ヘッセン州議会選:連立与党がまたも大敗、メルケル首相に痛手(Bloomberg)
極右の台頭が目立つなぁ
笑っちゃうほどわかりやすいドイツの崩壊。中国べったりも裏目に出ていることすら気づけないほど先が見えていない頭の悪い連中に権力を持たすと業界は滅びるの言葉通り。国としてもサッカー界としてもドイツが崩壊したのは自業自得としか言いようがない。⇒メルケル首相に痛手
難民さんいらっしゃーい!で墓穴掘ったメルケル。これこそ「ドイツに学べ」ですよ。
そらユーロも売られますわ。
凋落著しい、それでもまだ持っているのはメルケルがいるから。ウチの民主党にはメルケルがいなかった。独は今、極右排外に政権を取られるか否かの瀬戸際。でも独国民はギリギリ耐え抜くだろう。日本を見てる、日本のようになったらお終いだと。
SPDのナーレス党首は記者団に対し、「連立政権の現状は受け入れ難い」と発言。政府には短期的な政策指針が必要であり、SPDが引き続き連立にとどまるかどうかはその実施次第だと述べた。
28日の独ヘッセン州議会選挙でメルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)と、国政での連立与党・社会民主党(SPD)が共に大敗した。メルケ
独ヘッセン州議会選:連立与党がまたも大敗、メルケル首相に痛手(Bloomberg) -

※「帰ってきたヒトラー」のヒトラー抜きになりつつある感じがする
バイエルンで大コケしたから、、そら他州でもこうなるよな。
日本は周回遅れの移民政策を止めろ
記事からは詳しいことはわかりませんが、国政で連立を組む左右の二大政党が議席を減らして
移民賛成?
対陣するのではメルケルさん。
欧米では終わりかけているグローバリズムに、全力でまい進としている安倍政権。
公共放送ARDの予測によれば、メルケル首相のキリスト教民主同盟は同州での得票率が過去50年余りで最低となり、連邦レベルで連立政権の一角を担う社会民主党は第2次世界大戦以降で最悪となった
| Bloomberg
>メルケル首相のキリスト教民主同盟は同州での得票率が過去50年余りで最低となり、連邦レベルで連立政権の一角を担う社会民主党は第2次世界大戦以降で最悪となった。緑の党は2013年の同州議会選から票を2倍近く伸ばし、極右の「ドイツのための選択肢」は初めて議席を獲得。
メルケル首相にとってまたも手痛い敗北
独ヘッセン州議会選:連立与党がまたも大敗、CDUと緑の党が連立政権を維持できるか微妙
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR