TOP > ネタ・話題 > 国会訴追委の「岡口裁判官」呼び出し、憲法学者が指摘する弾劾・懲戒制度の関係や課題 - 弁護士ドットコム

国会訴追委の「岡口裁判官」呼び出し、憲法学者が指摘する弾劾・懲戒制度の関係や課題 - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】国会の裁判官訴追委員会が、3月4日に東京高裁の岡口基一裁判官を呼び出すことを決めた問題について、最高裁が過去に戒告などの処分とした事実と同じ内容で訴追し、弾劾裁判にかけることについ...

ツイッターのコメント(14)

絶対に許さん
訴追委員会については、裁判所の独善防止の観点から柳瀬説のほうがしっくりくる。
職権乱用がここまで来たのか。もはや法律や憲法は都合良く解釈して利用するものにされてしまってる。
その上で、「(岡口氏が)今後、司法当局に対する批判をさらに強め、それによって司法に対する国民の信頼が揺らぐような事態が生じれば、別の判断になる可能性がある」と指摘する。
正当性の是非については意見の割れるところだが表現の萎縮につながるのは必定。市井の自由をそんな態度で守れるのか疑問
「裁判官への萎縮効果はある。裁判官の表現の自由は重要」「岡口氏の事件が社会問題化した時点で、他の裁判官に対する萎縮効果はあるだろう」
「(訴追請求が)現状、具体的な裁判に不満のある当事者等のクレームとして事実上誤用されている」
土屋教授
最高裁からの資料提供をもって判断可能であり出頭要請は不要
著しい問題行動を起こした裁判官を罷免する例外的な制度趣旨に反した調査は職権乱用

柳瀬教授
知りうる限りでは、(岡口氏のツイートが弾劾裁判法2条2号の罷免事由まで)到達しているとはいいがたい
国会訴追委の「 」呼び出し、憲法学者が指摘する弾劾・懲戒制度の関係や課題

↑今の国会議員は、データを偽造したアベノミクスの効果を謳った選挙で選ばれた人達がいる。国民に選ばれたと言えないと思う。その人達の行う訴追委員会は正当か?
| 弁護士ドットコムニュース
国会の訴追委員会が岡口基一裁判官を呼び出しを受けたことについて、憲法学者2人に見解を聞きました。「出頭要請は不要」「議論は分かれると思うが、問題ない」など意見が出ました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR