TOP > ネタ・話題 > 育休明けで非正規、その後雇止めに…「マタハラ裁判」で元社員の女性一部勝訴 東京地裁  - 弁護士ドットコム

育休明けで非正規、その後雇止めに…「マタハラ裁判」で元社員の女性一部勝訴 東京地裁  - 弁護士ドットコム

14コメント 登録日時:2018-09-11 17:08 | 弁護士ドットコムキャッシュ

【弁護士ドットコム】育児を理由に契約社員にされ、その後、雇止めされたのは不当だとして、都内の語学スクール運営会社の女性元社員(37)が正社員としての地位確認などを求めていた裁判の判決が9月11日、東京地裁であった。阿部雅彦裁判長は、正社......

ツイッターのコメント(14)

会社、控訴するのか。反省の色なしのもよう。「ジャパンビジネスラボ」。就活本出してるみたいだけど。学生はこういう会社に就職したくないよね。
契約社員は「正社員に戻ることが前提」という会社の言葉を信じたけれど…。裁判所は雇止めの無効や慰謝料110万円は認めたものの、雇用契約書に明確な規定がないこともあり正社員の地位については認めず。会社は控訴する方針のようです。
よかったね。少しずつ慣習を変えて行きたいものです。Q T
正社員→出産で契約社員→雇い止めってひどい。なんの会社かと検索したら大学生対象就活サポート業&インストラクターにはベストセラー就活本筆者。ホラーだ
育休明けで非正規、その後雇止めにマタハラ裁判で元社員の女性一部勝訴  |弁護士ドットコム
そもそも育休明けを理由に契約変更を提示する段階で、この会社の対応に疑問を持つね。
育休明けで非正規、雇止めに…「マタハラ裁判」で元社員の女性勝訴

いっつも思うんだが、こうした労働法違反裁判、このケースでまる三年かかってる、長過ぎる。被害労働者が簡単に提訴できない仕組みに問題あり

労働法案件には弱者救済の法益優先の裁判仕組みが必要と思うが
一般論として、会社はフルタイムで働けない人を嫌がる。法律が何と言おうと、戦力が落ちる人材を歓迎するとは思えない >
育休明けで保育園に入れなかったので、短時間勤務の非正規雇用に
保育園が決まったので、正社員復帰を求めたら雇い止め

違法判決は当然だ

幼子抱えたママは使い勝手が悪いので正社員にしないどころか、非正規としてもやっかい払い

非道だ

@bengo4topics
以上

記事本文: 育休明けで非正規、その後雇止めに…「マタハラ裁判」で元社員の女性一部勝訴 東京地裁  - 弁護士ドットコム

いま話題の記事