TOP > ネタ・話題 > 小林よしのりさん、山口敬之さんから名誉毀損で訴えられていた…伊藤詩織さん事件めぐり - 弁護士ドットコム

小林よしのりさん、山口敬之さんから名誉毀損で訴えられていた…伊藤詩織さん事件めぐり - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】『ゴーマニズム宣言』で知られる漫画家、評論家の小林よしのりさんが、元TBS記者でジャーナリストの山口敬之さんから、名誉毀損などによる損害賠償をもとめる訴訟を起こされていたことがわか...

ツイッターのコメント(38)

さすがにこれはアウト 小林 謝れよ!
小林よしのりさん、頑張れ!
類似の事件が起こっている!

山口敬之さんから名誉毀損で訴えられていた…伊藤詩織さん事件めぐり|弁護士ドットコムニュース
山口敬之の逮捕を見送った不可解な経緯並びに山口と政権との関係が詳細に世間に広まるなら、やぶ蛇にしかならないんじゃないか。
伊藤詩織さん事件は権力が介入した疑いが極めて高い、名誉毀損で訴えられた小林よしのり氏には権力介入疑惑も含め是非頑張ってもらいたい。


訴えられなければならないのは、杉田水脈、長尾敬、はすみとしこ、花田なんとかの方だろ。
ホンマ、この国は腐っとるわ。
バケツの中でザリガニが共食いしてる図のよう。
出版社じゃなくて作者を訴えるの?こういう場合って出版社を訴えたり、出版差し止め要求するイメージがあったんだけど。 / “ - 弁護士ドットコム”
小林よしのりさん、山口敬之さんから名誉毀損で訴えられていた…伊藤詩織さん事件めぐり| *レイパーと言われたままのになんで新潮を訴えないで小林よしりんを訴えるの?自称ジャーナリスト、親が弁護士の癖に発想が斜め上すぎw
《SAPIO編集部は2月8日、……版元の小学館と小林さんが、『SAPIO』(2017年8月号) の作品について、山口さんから損害賠償請求の訴訟を起こされたことを認めた。》

「 - 弁護士ドットコム」
今回の訴訟について、山口さんに取材を申し込んだが、これまでのところ回答はない。
山口氏なぜか一切マスコミには登場しないが、今でもマスコミとは、けっこう近いところにいるんだ。
@ken_kataoka 「そういう人物たちこそ、山口氏に訴えられたらいいのに、と私は心から思う。」

本当にそうなりましたね。
えっ!『SAPIO』(小学館)も!?


#metoo #山口敬之
@stop_abe_seiji 山口に弁護士…。
つまりこれにも繋がりますね。
アベめーっ‼️
世界的にはme too等で より人権を護る、加害者を罰する流れにあるのに 政権のポチ等は不起訴…亡国日本の迷走、逆走❢
★ 『ゴーマニズム宣言』で知られる漫画家、評論家の小林よしのり
伊藤詩織さん強姦容疑者、TBS記者でジャーナリストの山口敬之
殴られっぱなしの相手がファイティングポーズ取ったとたん「自分は被害者」「相手は権力者」と主張するの、左巻きのパターンなのね。
菅官房長官とイソ子記者とか、外国人献金問題の辻本議員とか、韓国とか。
あの人逃げ出したんじゃなかったのか…:
小林よしのり氏を訴えるのは勝手だが、どういう結果になっても山口への印象とか全く変わらんぞ。
安倍晋三のお友だちの職権乱用昏睡強姦魔『山口敬之』氏じゃないか!逮捕取りやめてもらって逃げ回ってると思ってたら、久々にニュースに登場。
よしりんはこの手の裁判沙汰には慣れっこだからな。>
「これは、権力との戦いである!」

嘘ばっかし。
小林よしのりさんが、元TBS記者でジャーナリストの山口敬之さんから、名誉毀損などによる損害賠償をもとめる訴訟を起こされていたことがわかった。
ジャーナリストは一般市民と違って、自ら情報発信しうる環境にあるし能力もある。
ジャーナリストが自らにかかった疑いについて広く社会に弁明しない姿勢には疑問がある。
名誉毀損?
どの口が!?
本当のことを言った小林よしのり氏を訴えてしまうだなんて本当、権力に守られてる人間は怖いもの知らずだね。
ゴー宣ってまだやってたのに驚き
ヒトデなし、が人を訴える。世も末である。
詩織さんをレイプした山口が小林氏を訴え。この号持ってますけど、名誉棄損も何も小林氏が漫画に描いている事は事実ですからね。
山口敬之、見苦しいカスですね。
この件に関しては小林よしのりを支持する。実際に被害者がいて、もみ消しの構図がある。まずは山口敬之を逮捕せよ。
小林さんもよくわからんおっさんになってますね。
こりゃあれだな…

よしりん頑張れ!
無かったことにしようとする奴をいつまでも追い続けることは大事なこと。逃げ果せると思うなよ。
よしりん、元TBS記者の山口さんから名誉毀損で訴えられる


漫画家の小林よしのりさんが、元TBS記者でジャーナリストの山口敬之さんから、名誉毀損による損害賠償をもとめる訴訟を起こされていたことがわかりました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR