TOP > ネタ・話題 > 捜査当局にTカード情報提供のCCC「令状ある場合のみ」に変更 国会でも紛糾 - 弁護士ドットコム

捜査当局にTカード情報提供のCCC「令状ある場合のみ」に変更 国会でも紛糾 - 弁護士ドットコム

33コメント 登録日時:2019-02-06 12:22 | 弁護士ドットコムキャッシュ

【弁護士ドットコム】ポイントカード最大手・カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、運営する「Tカード」の会員情報を裁判所の令状なしに捜査当局へ提供していた問題で、CCCは2月5日、一時的に令状に基づく場合にのみ対応すると発表した。こ......

ツイッターのコメント(33)

この件、休み中の自由研究で今ちょうど書籍なりネットから照会が入った時の初動やら対応について勉強してたんだよね
国立国会図書は「令状なしの利用履歴の提供に応じたことはなく、今後も同様」と回答。素晴しい!
基本方針が決まるまで「一時的に」って言うところがミソやな。基本方針で令状なしでもOKってする可能性が十分あると
やっとか。当たり前かつ最低限のことだろ、と思いつつ読んだら「その基本方針が確定するまでの間は」とかいう謎の条件が…。
“国立国会図書館は、個人情報保護及び国会職員としての守秘義務等の観点から、裁判官が発付する令状がなければ情報の提供はいたしておりません” 警察は協力要請するもんだとして、国会図書館がこうなんだぞCCCさん / “捜査当局にTカード情報提供のCCC「令状ある場合のみ」…”
これの何が気に入らないって、どんな個人情報が保持されてるか、本人が確認する手段が自分が探した限り見当たらないんだよね。警察には渡してるのに。
>
なんで国会図書館に尋ねたんだろ。利用者に近い立場は公共だと思うけど。そして令状あれば情報渡しちゃうのか、国会図書館。
“ネットではTカードを解約しようとするユーザーが相次いでおり、専門家からもCCCの企業姿勢について批判が寄せられていた。CCCでは、基本方針が決まり次第、公表するとしている。”
立憲民主党の山尾志桜里議員は警察庁に対し、「2012年にCCCに対して、このように令状なしの個人情報提供を要請したということ自体は事実か」と質問。
報道されて撤回するくらいなら最初からするな。このせいで要らぬ罪状に問われた人が可哀想過ぎる。 /
山尾議員はこういう事案に専念いただきたい。捜査関係事項照会の廃止あるは適用厳格化のための法改正を求めます。@CDP2017 @edanoyukio0531 |  国会でも紛糾(弁護士ドットコム)
そんなの信用できると思う? / “ - 弁護士ドットコム”
個人情報の提供先が
・CCC,警察ともにOK→わかる
・CCC,警察ともにNG→わかる
・CCCはOK,警察はNG→???

警察にってのに異常に騒いでる人、普段何してる人?
変更というか現時点では内部での検討期間中の保留措置っぽいけどいい判断だと思う
こんな事あったなんて知らなかった……
「基本方針が確定するまでの間は、捜査機関からの要請に対しては、捜査令状に基づく場合にのみ対応することといたします」 /
レンタル情報に加えて、令状なしで情報渡すことを「社会貢献」なんて表現する企業はとても信用できないよねえ
“ネットではTカードを解約しようとするユーザーが相次いでおり、専門家からもCCCの企業姿勢について批判が寄せられていた” / “ - 弁護士ドットコム”
さすが、国立国会図書館!!
令状要らないという方針が確定するやつ:"「基本方針が確定するまで」令状が必要に"
なぜ一時的…? (本文には「一時的に」変更、って書いてあるのに、この記事のタイトルも誤解を誘導しているし、実際この記事に対する反応も「(恒久的に)変更した」と捉えられていそう)
※「CCCは2月5日、一時的に令状に基づく場合にのみ対応すると発表した。」
ついでに野党はツタヤ図書館の問題を国会で取り上げてほしい。
捜査関係事項照会書って強制じゃないけど断りにくいよね。 あとさ、こっちから捜査関係事項照会書提出願いしないとくれない警察の姿勢にも問題あると思う。

 国会でも紛糾(弁護士ドットコム)
CCCは内心なんでうちだけこんなに炎上するんだと思ってそう。 /
Tカードのリスクの一つが顕在化したに過ぎない。
国立国会図書館は、「令状なしの利用履歴の提供に応じたことはなく、今後も同様」と回答。その理由として、「利用した資料名等の利用履歴は、利用者の思想信条を推知し得るものであり、その取扱いには特に配慮を要するものであります。
ここが私的には肝→「ユーザーの利用図書履歴の捜査機関への情報提供について、国会図書館はいかなる方針を持っているか」と質問。国立国会図書館は、「令状なしの利用履歴の提供に応じたことはなく、今後も同様」と回答。
捜査当局にTカード会員情報が「令状なし」で提供されていた問題で、は「令状がある場合のみ」に変更。ネットでは解約しようとするユーザーが続出していました。
以上

記事本文: 捜査当局にTカード情報提供のCCC「令状ある場合のみ」に変更 国会でも紛糾 - 弁護士ドットコム