TOP > ネタ・話題 > 想田監督が夫婦別姓訴訟「僕らが自由に別姓を選んだとしても他者の不利益にならない」 - 弁護士ドットコム

想田監督が夫婦別姓訴訟「僕らが自由に別姓を選んだとしても他者の不利益にならない」 - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】選択的夫婦別姓を求める新たな訴訟が始まった。アメリカで法律婚をしたにもかかわらず、日本の戸籍に婚姻が記載されないのは、立法に不備があるとして、映画監督の想田和弘さんと舞踏家で映画プ...

ツイッターのコメント(24)

@tsukimiya_iku @hakobune4 あたしたち夫婦もよくそう話してます😓ただし、日本国籍のままだと日本国内では夫婦と認められるものの、法律婚にある相続権などはない ということで争っているのがこちらの裁判。
関心のある方はできるだけ傍聴に行って、この問題の世の中の関心の高さを裁判官に生で示してほしい。
@jun_trans 日本国籍同士の結婚なら海外で婚姻手続きをしても日本で婚姻届を出せば同姓強制です。婚姻届を出さないと戸籍に反映されず婚姻を証明するのは大変困難です。
中国国籍同士の結婚なら同姓別姓と選べますので別姓を選択されたのでは?
サイボウズ社長の訴訟は民事的な角度だったけどこれは海外で法律婚して…というパターンで認めてくれという申し立て。本当に憲法レベルで改正されない(かった)のが遺憾な話だ / “想田監督が夫婦別姓訴訟「僕らが自由に別姓を選んだとしても…”
選択的夫婦別姓、早く成立するといいよね。 >
想田監督じゃん。
ちょっ!!
マンハッタン行ってくるわ!!
(迷惑はかけなくとも我慢できない、社会の敵という人もいるかも)他者に不利益を与えない範囲の自由を認めて欲しい...別姓の問題だけでなく、言論の自由や表現の自由、思想信条の自由など、あらゆることに言えます / “想田監督が夫婦別姓…”
完全に支持。
そうか、海外で結婚したのに日本の法律に縛られちゃうのか。やっぱり選択制にするのがいいですよ本当に。
名字はファミリーネームだから、色々と他者にとっての不利益が生じる。
口から出任せをほざくな、と。

想田監督が夫婦別姓訴訟「僕らが自由に別姓を選んだとしても他者の不利益にならない」(弁護士ドットコム)
“海外で結婚する場合は、現地の法律に基づいて行われれば、国内でも婚姻は成立しているとみなされるため、夫妻は事実婚ではない(法の適用に関する通則法第24条)。” / “想田監督が夫婦別姓訴訟「僕らが自由に別姓を選んだとしても他者の…”
これって「今は別姓を選べない喜び」の笑顔なんだろうか?
夫婦別姓も同性婚も認められない。三等国かよ。
婚姻関係の確認などを求めて
「今年になって起こされた夫婦別姓訴訟はこれで3件目となる。」
結婚して10年。もう夫の名字を名乗ることに違和感はないけれど、このニュースを見て思い出した。名前、変えたくなかったんだよね。応援しています。
想田監督がニュースに出ててビックリ!しかも映画とは関係ないことで!
何なのだ、これは。
賛同。同姓でない故に不利益を被るのはおかしい。/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR