TOP > ネタ・話題 > なぜ人間は「猫」を殺してはいけないのか? ペット法学からみた「動物愛護」の課題 - 弁護士ドットコム

なぜ人間は「猫」を殺してはいけないのか? ペット法学からみた「動物愛護」の課題 - 弁護士ドットコム

11コメント 登録日時:2018-02-22 09:50 | 弁護士ドットコムキャッシュ

【弁護士ドットコム】犬や猫など、愛護動物を殺したり、傷つけた人に対する厳罰化など、「動物愛護法」改正の気運が高まっている。ペットに関する法律と政策を研究する「ペット法学会」の事務局長をつとめる渋谷寛弁護士は、慎重な議論をもとめている。拙速な......

ツイッターのコメント(11)

色々と考えさせられる。。

ペット法学からみた「動物愛護」の課題 - 弁護士ドットコム
ペット法で有名な渋谷寛弁護士に対するインタビュー記事
命という事を考える上で参考にどうぞ。...
法律をふりかざさなくたって、みんな知ってる。

猫を殺すと化けて出るからだよ。
法と社会と日本人 これ新書から始めようかなぁ…って考えている。 / “ ペット法学からみた「動物愛護」の課題 - 弁護士ドットコム”
凄い雑な比較文化論だと思う。
人間はなぜ、猫を殺してはいけないのでしょうか?動物の殺生についての考え方は、日本と欧米でも違いがあるそうです。動物愛護の課題について、ペット法学会の渋谷弁護士に聞きました。
以上

記事本文: なぜ人間は「猫」を殺してはいけないのか? ペット法学からみた「動物愛護」の課題 - 弁護士ドットコム