CCCがTカード会員情報を警察に提供、「約款に明記しても解決しない」 鈴木正朝教授が徹底解説 - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】レンタル大手TSUTAYAで知られる企業、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、運営する「Tカード」の会員情報を裁判所の令状なしに捜査当局へ提供していた問題。「Tカード」...

ツイッターのコメント(56)

1年前か……今はもういいやと普通に使ってるけど、何かで疑われたらコンビニもガソスタも夜行バスも借りたビデオも筒抜けか
Tカードは、『民間マイナンバー』 CCC
"私個人の意見ですが、『図書館の自由に関する宣言』の内容の全部または一部は法律にすべきだろうと思っています"
昨日、某放送会社の人と話したら警察の連中は一回照会書で開示OKとなったら、利用目的が曖昧なものもどんどん照会を掛けてくるって言ってた

「GDPRの十分性認定の更新作業に影響します。日米欧の自由な個人データの流通は、自動走行、ゲノム創薬、AIなど今後の日本の経済成長の前提」
情報提供は違法ではないのか。
コレはびっくり。使わないの一択。
(ほとんど読んでないけど)最低限、礼状があり情報を出す必要があったのならば、運営元は当該者に情報を提出した事を伝えるべきだと思うな。
Tカードだけではないが企業側は警察に対してもう少し抵抗してほしいのと、警察は捜査のためと民間の個人データを安易に要求するのはやめろ
 
PR