TOP > ネタ・話題 > タニタの働き方改革「社員の個人事業主化」を労働弁護士が批判「古典的な脱法手法」 - 弁護士ドットコム

タニタの働き方改革「社員の個人事業主化」を労働弁護士が批判「古典的な脱法手法」 - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】健康機器メーカーのタニタの社長がとなえる「働き方改革」が注目をあつめている。同社は2017年から、社員が「個人事業主」として独立することを支援する取り組みをはじめた。日経ビジネス(7月18日)によると、タニタ本体の社......

ツイッターのコメント(291)

こんな話があるんだ

(弁護士ドットコム) - LINE NEWS
@kamatatylaw |ω・`)脱法行為という批判も見かけますね…
なにが「あえて」退社だ。前から狙ってたくせに。
有名な企業がこんな脱法行為してまかり通るなら、どんどん広がるだろう~
単に人件費削減して低い方に収斂させたいだけだろ。
先進的ビジネスモデルでも何でもない。
持ち上げるメディアも問題。。
リクルート方式のreviseだなぁって感想しかない
社員が自由に出勤できるような契約にすればいいだけのものをわざわざ別の会社を作らせるなんて、上限規制を外したい以外ないってことだな
「使用者からすれば、安直な方法ですから、先進的なビジネスモデルだと持ち上げる風潮は、単なる世間知らずとしか思えません」ほんまその通りすぎます… /
気になってたことが言及されてる
個人事業主=「働きたい人が思う存分働け」⇒幾ら働いても残業代は無し、「適切な報酬を受け取れる制度」⇒成果が無ければ報酬無しって事ですから、脱法行為です。
他人事ではないです💢

働き方改革が、
労働者の働き方を苦しめる内容になっていないか、
使用者側に有利な内容になっていないか、
きちんと検証する必要がある。

タニタの働き方改革「社員の個人事業主化」を
労働弁護士が批判「古典的な脱法手法」
嶋﨑先生もおっしゃってますが、手法としては本当に「古典的」なんですよね。労基署も慣れているので、流石に野放しにはならないと踏んでいますが、どうでしょうか。
改革じゃない。雇用責任を放棄し、労働者を好き勝手働かせ、いつでも切り捨てるための詭弁!→
@shima_chikara
の記事です。
タニタが改めて注目されましたので、再掲します
ですよねえ→《仕事の仕方が労働者であったときと変わらない(指揮監督下の労働で、諾否の自由なし)とみられる可能性》
@kimatype75

ちょっと前に、タニタが社員を個人事業主として契約する、という報道がありました。
ただ、労働法上は問題ありとの意見もあるそうです。
@iloveminty1006 タニタのやつは、問題多すぎ。
タニタの個人事業主化的、働き方改革③
「古典的な脱法手法」との指摘も。ポイントは「労働者か個人事業主か否かの見極め」
(契約形式では決まらず、指揮監督下の労働か否か、報酬の労務対償性があるか、事業者性があるか、専属性の程度等、総合的に事情と実態で判断)
まぁ仮に認められても、優秀な人は集まらないよね。
集めようと思ったら高い報酬払う必要あるわけで、コスト削減に繋がるのか。
これ、すごい持ち上げられてた時に、わたしは「は?なんぞこの脱法手法は?」と思ってたんだが、記事に「持ち上げられる人は世間知らず」とバッサリ切ってて、もう、ですよねぇーとしか言えんわ。
これとおなじようなことさせてる会社しってますね。結局成果・能力主義的な都合のよさそうなことを言って費用を抑えるいい方法なんです
(「古典」の例を知りたかったが書いてなかった)労働者を個人事業主へと切り替え、労働法の規制を免れようとする動きは古くからあります。何も今に始まったことではなく、古典的な脱法手法です / “タニタの働き方改革「社員の個人事業主化」を労働弁護士が批判「古典的な…”
「持ち上げる風潮は単なる世間知らず」って一刀両断だな。
個人事業主化は危険な感じしかしないなあ。
@Matthew238 こういう話がありまして…(´・ω・)
社員の個人事業主化は大抵否認さられて源泉と消費税を追徴課税されます。随分昔から否認事例が出ているのに。
積極的にやるなら、短時間就業と副業許可すれば良いだけ。会社の都合が目に見えるから、批判されるのよね。 /
上場企業が個人事業主化を推奨するのって、表向きの1人あたりの生産性を高める手法な気がする。

詳しい人教えて🙏
個人事業主になって使われる、ってのは利益は取られて、責任問題になれば押し付けられるって事。とんでもないリスクを負う事になる。
///
まあ、当然 そう なる わな
これはちょっと恐いな。タニタの社長さんゴリゴリに働いてきた熱血社長なのかな?
「労働者を個人事業主へと切り替え、労働法の規制を免れようとする動きは古くからあります」

これが全て。
働き方改革って、正社員減らして派遣やフリーランス増やすための作戦なんじゃないの?
つ~か、3年毎とかの契約なら、契約更新されなくなった時点で終了では。
会社側からすれば、AIによる省力化や省人化をしてから、切ってしまえば人件費を圧縮出来る。
契約する人は、それでも、どうにでもなるスキルがあるかどうか自問自答してから決断した方が良いと思う。
過去に逆戻りな気がするんだが?
昔は偽装請負と呼ばれていたような?
前にもツイートしたけど、タニタって顧問弁護士も社労士もいないのかな?

こういう古典的脱法行為は、普通制度化されない思うけど。
タニタの働き方改革が注目集める 弁護士は「古典的な脱法手法」と批判
社員は給与所得控除も使えず増税 会社は社保逃れ コンサル会社が自社によくやる手法じゃん
やってみりゃ良い
数年後どうなるか楽しみだな
ジブラルタ生命で営業している知り合いは雇用契約でなく個人事業主と言ってたな。基本的に外出してるから?
あーこれ、消費税納付額圧縮も狙っているわ。興味のある方は消費税法基本通達1-1-1及び解説を参照してください。
まあそうだよね //
社員の個人事業主化、長期的には必然の流れの一つだと思うのだが・・・
もっと見る (残り約241件)
 

いま話題の記事

PR