TOP > ネタ・話題 > 医師の残業「月155時間まで」了承 厚労省、適用期限を法律に明示へ   - 弁護士ドットコム

医師の残業「月155時間まで」了承 厚労省、適用期限を法律に明示へ   - 弁護士ドットコム

17コメント 登録日時:2019-03-28 13:28 | 弁護士ドットコムキャッシュ

【弁護士ドットコム】勤務医の残業時間を、地域医療の確保などやむを得ない場合に「年1860時間」(月155時間に相当)まで認めることが、3月28日に東京・霞が関の厚生労働省であった「医師の働き方改革に関する検討会」で了承された。必要な法制度を......

ツイッターのコメント(17)

これで医者は過労死ラインの2倍近く働いて過労死しても、労災認定しなくて済むのか。さすが厚労省、やるなあ。
「年1860時間」は過労死ラインの2倍近く
過労死ラインの2倍、との表現が多いですが、月45時間以上で残業に関連すると思われる死亡率が増加していくそうです。耐性がない人は1/4ですでにアウト。
しゃーないよな。ずっと自民党とこの国をタッグ組んでもみ消しながらやってきたんだから。
虚構新聞かと思たわ。都市部の医師をバラけさせないからこんなことになる。→
医師の絶対数不足や医師増員に関する記載無し‼️😭😭
報告書には、過重労働を懸念する声があり検討会でも「賛同できない」との意見が出たことを併記。
  - 弁護士ドットコム
「月に残業80時間を過労死ライン、つまり働きすぎて死ぬ可能性がある時間と定めます」
「医師は残業155時間までしても問題ないルールにします」
「医師が不足している。なぜだ」
  |
こちらの記事→ では、年1860時間もの殺人的な残業特例の適用には、「真にやむを得ないか状況を見極めたうえで」都道府県による病院の指定が必要、とある。歯止めのつもりだろうが、医師が足りてる病院なんてそうないから、結局はこの1860時間がデファクト化するのでは?
医師、医療者は自己犠牲ですか??これじゃあ地方に医師は来なくなって当然だし、医療者は少なくなっていくと思うのだけど、政府はバカなのですか?
厚生労働省  「年1860時間」は一般労働者の2倍近くの水準 | 弁護士ドットコムニュース
休日は敵だ!
(休みを)欲しがりません死ぬまでは
滅私奉公 国民精神総動員
  |
「特例適用のためには、都道府県が真にやむを得ないか状況を見極めたうえで、その病院を指定(特定)することが必要」指定受けたら逃散の理由になってなおさら人が来なくなるのでは。 / “   - 弁護士ドッ…”
奴隷宣言+地域医療崩壊決定
過労働を判断するのは医師。こんな無茶な労働を課された医師が一般の労働者へ如何なる助言や正当な判断が行えるのか?疑問でしかない。
厚生労働省が医者を殺しにきてると捉えられても仕方がない
医師の残業時間をどれくらいまで認めるのかーー。現役医師や過労死遺族らの懸念が膨らむなか、厚労省検討会は、やむを得ない場合に「年1860時間」(月155時間に相当)まで容認することを了承しました。一般市民にとっても他人事ではありません。
以上

記事本文: 医師の残業「月155時間まで」了承 厚労省、適用期限を法律に明示へ   - 弁護士ドットコム

いま話題の記事