小中学校教員の半数が「休憩時間0分」、6割超が「辞めたいと思ったことがある」 名古屋大調査で明らかに - 弁護士ドットコム

ツイッターのコメント(33)

小中学校はやばい。高校はゆるゆる。

教員の半数が「休憩時間0分」、6割超が「辞めたいと思ったことがある」 名古屋大調査で明らかに
回答者の8割超が「教師の仕事は魅力がある」や「仕事にやりがいを感じる」と答えたんやら良いやん。

サービス残業が多いといっても、生活はできるだけの収入もあるんやろうし、倒産もないんやろ。

何も無い仕事よりマシやん。
教員だけではありません。
文科省は勤務実態調査に持ち帰り業務は入れないと思う。あくまで在校等時間を調べるつもりでしょう。
上が時間管理を調査したら困るくらいのブラック業界ということと、在校時間と勤務実態を把握できない老管理者と、教員の意見や声が上まで全然届かないという体制。いまだに軍事教育残る超縦社会だということはもうみんなわかってる。子供達のやる気や学習にも大きく影響するね
教員の中では常識だがようやく世間の目に触れることになった。教師は残業代が出ないだけでなく、法律に定められているような休憩時間すらないのである。これが日本の公教育の闇の一部だから恐ろしい。
こういう「悪の慣習」は全て明るみになるべき。世の中が変わっているのに、変わらないままいられるわけがない。求められる仕事・仕事量はかなり増えてます。
これが定額働かせホーダイ。
でしょうね…😢
保育士でも実際にはとれなかったり、とれても時間削って仕事したりって感じ。もう慣れたけど😝
やりがいを感じてくれる先生が多くて少し安心しました。教育現場が嫌々やられたら日本はおしまいです。教育は長期の最重要課題なので魅力ある職場づくりをしないといけませんね。

小中学校教員の8割がやりがいを感じる。一方で6割超が辞めたいと思ったことがある。
小中学校教員の半数が「休憩時間0分」、6割超が「辞めたいと思ったことがある」名古屋大調査で…


これ以前に
子供に教えられない人が
教師になっていることの方が問題のような気がするけど。
人生経験が乏しく学問だけ出来た人が教師に採用
ていうのはもうやめた方がいい。
私学からの労働相談でも同様の事態が広がっています。具体的作業のデータやメモなどの証拠を残し、ユニオンで一緒に認めさせましょう。

"内田教授は、(1)持ち帰り仕事、(2)休憩時間中の仕事、(3)過少申告した残業時間、の3つの「見えない残業時間」があると指摘。"
そらそうやろ
こんな労働環境じゃあね笑
 
PR
PR