TOP > ネタ・話題 > 他人の投稿「リツイート」で、法的責任を問われる? 中澤佑一弁護士に聞いてみた - 弁護士ドットコム

他人の投稿「リツイート」で、法的責任を問われる? 中澤佑一弁護士に聞いてみた - 弁護士ドットコム

【弁護士ドットコム】ツイッターで名誉毀損に当たるツイートをリツイートしただけで、損害賠償責任を負うことになるのかーー。ツイッターの使い方に大きな影響を与えそうな論点を含んだ裁判が始まりました。ジャーナリスト伊藤詩織さんが6月8日、ツイッ......

ツイッターのコメント(39)

リツイートして拡散されたことによって知る事が出来たのかもしれないのに同様に扱うのはどうかと・・・
法的責任問われるとのこと
正しいと思う。
安易なリツイートは怪我の元。
メモ。

【 中澤佑一弁護士に聞いてみた】
@hasumi29430098 裁判所の判断に基づけば、リツイートする場合、
「元ツイートに対して批判的ないし中立的な立場でリツイートします」
とコメントを付けてリツイートすれば問題ないらしい。
(参考:弁護士ドットコムニュース)
@bengo4topics
言論の自由は壊滅したな
😑
「リツイート」ケースバイケースで法的責任
【 中澤佑一弁護士に聞いてみた(弁護士ドットコム)】

明らかな"誹謗中傷"の投稿やツイートであると知りながら「シェア」「リツイート」すると
"共同正犯(共犯)"と言う事になります。
気を付けなきゃね。
そもそも原告に対して否定的な人間だから被告になっているという前提は意識した方が良さそう。
法的責任があるかはケースバイケース。妥当な判断と思う。

"過去の裁判では、リツイートについて「投稿主の発言行為」「主体的な表現行為」「賛同する意思を示して行う表現行為」と判断"

安易なリツイートをしていたことを反省。
コメントなしのリツイートも多くしていた。
興味本位や面白感覚でのリツイートは危険💦
ニュース記事の引用しかしない人間からしてみたら好きにしてと。
コメント付けずにリツイートすると自身の発言とみなされるらしい🤣
SNSが蔓延る情報化社会、面倒くさく生きづらいですね。万事がメリット&デメリット。
"巻き込まれ事故""もらい事故"は避けたいものですね。
なんだかややっこしい世の中になってきたな。
沖縄の女の子を誹謗中傷している者に憤りを感じていましたけど、それを無責任に拡散しついる者にも同じ気持ちを抱いていました...している事は同罪です
あー難しい
いいねといくないボタンを作って下さい
あと読んだよボタン
まあ、リツイートしただけだから
自分は関係ない!ってわけにはいかんと言うことでしょう。ケースによるのはもちろんとして。
「前後のタイムラインの流れなども加味して、これをリツイートすることはどういう意味(ex. 賛同 or 批判)かということを外形的に判断」
自分の意見をツイッターに呟くこともできない世の中ってなんだろう……。

もうツイッターもオワコンなのかな。
法的責任を問われる?
≪他人のツイートに対する反対を表明する場合もあるでしょう。リツイート対象のツイートの内容を基礎に、前後のタイムラインの流れなども加味して、これをリツイートすることはどういう意味かということを外形的に判断してゆくべきだと思います≫
裁判所は「何もコメントをつけないで元ツイートをそのまま引用することは考え難く、投稿者の立場が元ツイートの投稿者とは異なることなどを明らかにするべく、当該元ツイートに対する批判的ないし中立的なコメントを付すことが通常である」と指摘しました。
これまでの裁判例を元に、中澤弁護士に見解を聞きました。「裁判所の考え方も定まった部分がない領域で、ケースバイケースの判断になっているのが現状」
ゴミとカスがクソ💩ツールで揉めるの…
最高にTwitterの正しい使い方な気がするぜ…
(2020年6月11日掲載) -
「ツイートをそのまま自身のツイッターに掲載する点で、自身の発言と同様に扱われるものであり、リツイートした人の発言行為とみるべき」と裁判所。
リツイートの責任は元ツイートと同様に重い。
何も触れずのリツイートは、確かにグレー。
ただ、ニュース記事のようなケースだと、あとから引用リツイートの形で書き込む予定ってこともある。
>前後のタイムラインの流れなども加味して、これをリツイートすることはどういう意味かということを外形的に判断してゆくべき
ボンバーヘッドな弟の居そうな弁護士さんやな…
難しく能書き書かれてますが
結果はケースバイケースという事らしい。
ツイッターで名誉毀損に当たるツイートをリツイートしただけで、損害賠償責任を負うことになるのかーー。

ツイッターの使い方に大きな影響を与えそうな論点を含んだ裁判が始まりました。これまでの裁判所の判断をまとめました。
以上
 

いま話題のニュース

PR